テラスのあるバスルーム

 

写真をクリックすると最初の写真に戻ります
風呂
1. バスルームからはガラス越しに庭を眺められる。
風呂
2. 庭のタイル敷きのポーチからバスルームを見る。
寝室
3. 敷地の最も奥に位置するコージーな寝室。ガラス戸から庭に出られる。
4. 寝室からの庭の眺め。奥が玄関ポーチ。竹がスクリーンのような効果を演出している。


バスルームは階段を半階降りた1階の廊下の中程にあります。大きなガラス窓とガラスの扉によって、中庭と一体になったような開放感を味わいながら入浴できます。外から覗かれる心配も無いので夏は庭に出てゆっくりと涼むこともできます。
そして東側の一番奥にあるのが寝室です。約4帖の小さな空間ですが、庭に向けたガラスの引違い戸から竹の緑を愛でるだけではなく、ここからタイル敷きのテラスに出ることもできます。
「この家では床や天井の高さを様々に違えることで、空間を分けたり繋いだりしています。また、奥行きのあるプランなので、動線が長くて不便なのではと思われるかもしれませんが、あえて便利にしないことで、空間を回遊する楽しさや快適さを感じることができます。」と、岸本さんがおっしゃるように、Hさんご夫妻は室内外に散らばる多様な居場所を移動しながら、日常生活をエンジョイされています。
◆建築データと建築家プロフィール


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。