メールをスルーされたときは?

スルーされる一番の理由は、「送ったメールが相手にとって都合が悪い内容だから」

スルーされる一番の理由は、「送ったメールが相手にとって都合が悪い内容だから」

好きな人にメールをスルーされると悲しいものですよね。
スルーされたときは、どうしたらいいのでしょうか?

好きな相手にメールをスルーされたときは、「あーあ、嫌われているんだぁ」と嘆き悲しむだけで終わりにするのではなく、同じ失敗を繰り返さないためにも、「どうして、スルーされたのだろうか?」を考えることは大切です。

大概、スルーされる場合は、「送ったメールが、相手にとって都合が悪い内容である」場合が多いです。
それが、「自分が原因」なのか、「相手の都合」なのかをよくジャッジすることは大切です。

スルーの理由が、「自分が原因」の場合

自分が原因である場合は、こんなことがあります。
・自分の思いばかりをぶつけすぎて、相手を疲れさせている。
・相手のことをきちんと見られていないから、見当違いのメールを出している。

その場合は、今後は「きちんと相手に思いやりを持ったメールを送ることが大切」だと学ぶことが大事です。
それができるようになったら、また相手から連絡がくるようになるかもしれません。