老後を楽しく過ごすために別荘を持つ

カバードポーチの外観

内房エリアの高台に建つNさんの別荘。白い漆喰壁と濃いブラウンのカバードポーチが印象的


富津館山道の竹岡インターから降り、海沿いに15分ほど車を走らせると、海が見える高台にNさんの別荘があります。別荘を建てたのは2013年10月、Nさんが54歳の時です。ご自宅は同じ千葉県内の一戸建てですが、「別荘を持とうと思ったきっかけは、老後はここじゃないところで暮らしたいと思い始めたから。それは、釣りやカヌーが好きだったからというのもあるし、畑も少しはやってみたいと思っていたからかな。趣味が楽しめる家が欲しくて、自宅から出やすくて海のある房総エリアで物件を探しました」とNさん。房総半島も外房と内房がありますが、おだやかな波のほうがカヌーに向くので内房エリアで探すことに。

オープンデッキ

敷地はフラットな地形で、海一望のデッキから広い庭に出られる。そのうち畑づくりにも挑戦予定

気軽に海に出たいこともあり、海の近くははずせませんが、万一の津波のことも考えて海が見える高台で探しました。「中古物件もいくつか見ましたがコレ!という物件に出合わなくて、そんな時、この土地を紹介されたんです」。海が見える開放的な高台で広さは約150坪。徒歩圏に食事ができるお店があるのも魅力でした。

 
フラットな地形で野菜作りももちろん可能です。設計・施工は自宅近くにショールームのあった地元の建築会社マザーズホームに依頼、33坪の2階建てを新築しました。「地形がフラットだったので工事費は抑えられましたが、予算は少しオーバー。そのぶんは、フラット35でローンを組みました」とのこと。さて、気になる別荘暮らしを聞いてみましょう。