現在、リビングデザインセンターOZONEの3階OZONEプラザで、「ツナガルカタチ ~家族をはぐくむこれからの住まい」が開催中です。
家族のかたちやライフスタイルが多様化し、互いの距離感もかわりつつある今、誰とどこで過ごし、どんな風にくらしたいかという、家族のはぐくみ、住まいのはぐくみ、そして現在とこれからの住まいを一緒に考える展示です。
undefined

 

会期:2014年3月13日[木]~6月3日[火]
10:30~19:00/水曜休館(祝日を除く)/入場無料
会場:リビングデザインセンター OZONE 3階 OZONEプラザ
主催:リビングデザインセンター OZONE
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
お問合せ:リビングデザインセンター OZONE
TEL. 03-5322-6500(代)

家族をはぐくむ “ツナガル” 住まい

会場では、建築家・大川三枝子さん(OZONE登録建築家 / オオカワ建築設計室 代表)の設計したアイデアいっぱいの空間を、自由に歩き回りながら体験できます。
家族の成長や変化に合わせて、心地よく暮らせる空間とは? をテーマに、共働き家庭に嬉しい効率的な家事導線やコミュニケーションが生まれるキッチン、段差を活かした収納、子どもが片づけの習慣をつけられる工夫、距離感の演出などを実物大で展示。これから住まいづくりをお考えの方に役立つインスタレーションになっています。
また、キッチンの向かい側では、現在から10年後、15年後、20年後の家族構成の変化に合わせてアレンジした間取りも紹介しています。
undefined

会場の階段を効果的に活かした実物大の展示。手前では関連セミナーも催される。

undefined

オープンキッチンと、ダイニングと中2階の個室が向かい合い、自然とコミュニケーションが生まれる。

undefined

上:リビング・ダイニングから家事コーナーを見る。
下:家事コーナーへ伸びる導線。

undefined

中2階の個室からLDKを見下ろす。個室の下は収納になっている。
 

“ツナガル”事例5選と住まいの診断チャート

「“ツナガル”事例5選」では、OZONE登録建築家の5組が手がけた家族のための住宅事例を展示しています。荒木毅さん(荒木毅建築事務所)、伊藤寛さん(伊藤寛アトリエ)、田中幸子さん(オープンヴィジョン)と石田摩美子さん(石田設計室)、二宮博さんと菱谷和子さん(ステューディオ2アーキテクツ)、倉本剛さん(倉本剛建築設計事務所)それぞれの、建て主にあった心地よい“ツナガル”を感じることができるコーナーです。
また、インテリア、照明、グリーンなど…、あなたのこだわりポイントを診断する「住まいの診断チャート」のコーナーもあります。
undefined

上:「“ツナガル”事例5選」は、OZONE登録建築家が手がけた家族のための住宅事例の展示。
下:こだわのポイントを診断する「住まいの診断チャート」のコーナー。

関連セミナーも開催

5月10日(土)には会場にて、OZONE 家 design登録建築家による住まいづくりセミナー「建築家に聞こう! 理想の家のつくりかた」が催されます。13時30分から、定員40名、参加費は無料です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。