予算内でのやりくりは、小学生で誰もが体験

小学生のころ、「遠足のおやつは300円以内」などといわれた経験がある方も多いことでしょう。最近は、金額を指定せずに「食べられるだけ」とする学校も出てきているようですが、以前は金額を決められているケースが多かったですよね。実は、この「遠足のおやつは300円以内」には、「貯めるコツ」が隠されているのです。
予算300円のおやつ。200円の目玉おやつを買う人、10円の駄菓子を30個買う人…あなたはどんなタイプでしたか?

予算300円のおやつ。200円の目玉おやつを買う人、10円の駄菓子を30個買う人…あなたはどんなタイプでしたか?

ときどき出てくる質問――「バナナはおやつに入りますか?」という話はさておいて(笑)、きっとみなさん、あれこれと計算しながら300円以内におさめるように努力していたと思います。ということは、すでに小学生くらいの段階で、「予算内でやりくりする」ということを体験しているのです。

大人になると、300円から、3000円、3万円、30万円へとお金の単位が大きくなっていきますが、「予算内でやりくりする」という基本は同じ。小学生のころにできたことなのですから、大人になっても、工夫すればきっとできるはずです。
 

大人は予算内でやりくりしなくても、誰にも怒られない

ではなぜ、大人になると、予算内でやりくりするのが難しくなるのでしょうか。

例えば……
  • 欲しいものがたくさん増えた
  • 人とのお付き合いや突発的なことで、どうしても出さなくてはいけないお金がある
  • 300円なら計算がしやすいが、10万円単位になると計算が面倒だ
  • 現金が足りなければ、クレジットカードで支払うことができる
  • さらにお金が足りなければ、キャッシングという方法もある
  • 予算内でやりくりしなくても、(先生など)誰かに怒られることはない
……などという理由が考えられます。

そこで、基本に立ち返ってみて、「予算内でやりくりをしてみる」ということを第一に考えてみましょう。そうなると、「現金が足りないのでクレジットカードで払う」「キャッシングをする」ということは、避けたいもの。

突発的な出費や人とのつき合い費などは「必要なもの」と考えてある程度予測し、必ず別どりしておくようにしましょう。
 

自由に使えるお金を、ざっくりと予算配分してみよう

「欲しいものがたくさん増えた」「300円なら計算がしやすいが、10万円単位になると計算が面倒だ」という場合は、ざっくりと予算を割り振りしておくことをおすすめします。

自由に使えるお金が5万円の場合、飲み会が大好きなら、「飲み会は月に3万円までOK。残りの出費は、合計で2万円におさめる」などと割り振りをしてみましょう。

ファッションやメイクが大好きなら「洋服やコスメは半年間で18万円(=3万円×6カ月分)までOK。残りの出費は、合計で月に2万円におさめる」などと決めてみてください。

食費・外食費・交際費・被服費・美容費……などと細かく予算を決めると大変ですので、このようにざっくりと予算を割り振りするのがコツ。トータルの予算内でやりくりできるようになると思います。

いかがでしたでしょうか。小さいころに「おやつは300円以内」を守れた方は、きっと大人になった今も、予算内でやりくりできる素質があるはず。ぜひ、今日からトライしてみてくださいね!

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。