プロ野球/プロ野球 関連コラム

二刀流が本格化してきた日ハム・大谷はエースで四番も

二刀流の2年目を迎える日本ハム・大谷翔平選手が今季1号ホーマーを放った。4月20日の楽天戦では116球を投げて2勝目を挙げており、いよいよ二刀流へ口を挟む者のいなくなってきた。

瀬戸口 仁

執筆者:瀬戸口 仁

野球・メジャーリーグガイド

打者としても投手としても、著しい進化を見せている大谷選手。チームも大谷が本塁打を放てば昨季から4連勝、投げても5連勝と“不敗神話”ができつつある。

打者としても投手としても、著しい進化を見せている大谷選手。チームも大谷が本塁打を放てば昨季から4連勝、投げても5連勝と“不敗神話”ができつつある。

二刀流の2年目を迎える日本ハム・大谷翔平選手(19)が4月23日、(3番・DH)で先発出場したソフトバンク戦(東京ドーム)で今季1号ホーマーを放った。

一回二死、ボールカウントは1ストライク。大谷は、相手捕手の鶴岡のリードを読んだ。昨季の女房役だった鶴岡は「こういう場面で高めで攻めることが多かった」ことを思い出した大谷は、高めのストレートか低めのスライダーと予想。2者選択から低めのスライダーに的を絞った。ところが、次球は145キロの高めストレート。大きく“外れた”にもかかわらず、快音を残した打球は左中間スタンドに突き刺さった。

1年目の昨季、初アーチは34試合、92打席を要したが、今季は開幕から12試合、47打席目でマークした。昨季記録した3本塁打はいずれも中堅より右だったが、自身初となる左方向への1発。しかも、低めのスライダーという読みが外れ、“バットの芯ではなかった”にも関わらずスタンドへ放り込むとは、確実に進化したといえるだろう。

五回にはチェンジアップを右手1本で右翼線へ運ぶ技ありの二塁打。こうなったら大谷をあまり褒めない栗山監督も「1発より二塁打が大きかった。褒めたくないけど大きかった」と笑顔を見せた。これで野手出場10試合連続安打、同4試合連続打点。規定打席に達していないが、打率はレギュラーでトップの.391だ。チームも大谷が本塁打を放てば昨季から4連勝、投げても5連勝と“不敗神話”ができつつある。

オフの間に上半身の筋力強化に努め、体重は4キロ増の90キロとなり、パワーアップした。今季は投手優先でスタートしたため、打撃練習は少ないが、その中でも決して妥協せずにマシン打撃を続けている。4月20日の楽天戦では116球を投げて2勝目を挙げた大谷は、打撃の好調さからして、いよいよ二刀流へ口を挟む者のいなくなってきた。

ちなみにプロ入り2年連続で勝利と本塁打の両方を記録したのは、1998~99年の川上(中日)以来、15年ぶり。また、高卒1年目から2年以上続けたのは、1950~60年金田(国鉄)の11年、54~55年梶本(阪急)の2年、65~69年池永(西鉄)の5年、66~74年堀内(巨人)の9年に次いで2リーグ制後5人目になる。

問題なのは、今後、日本ハム首脳陣が大谷をどのように起用していくかだ。今まで投手としての大谷は中8日や中7日だったのは、昨季後半から背中の痛みや張りがあったからで、その心配もなくなった現在、中6日で先発させる方向にある。そして、打者(野手)・大谷は中6日のうちの3日目と4日目をDHとして起用したい方針。もちろん、セ・リーグとの交流戦では、セの本拠地球場の場合、投手兼中軸を任せることになる。

今季の開幕前、大谷は栗山監督と「今年は何としても結果を残す」と約束した。投手、野手ともに早々と結果を出し始めた二刀流に、“エースで4番”は決して夢ではなくなってきた。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でプロ野球グッズを見るAmazon でプロ野球の関連商品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます