メジャーリーグ/日本人メジャーリーガー 最新コラム

3年目・ダルビッシュが田中に負けずと今季初勝利

ダルビッシュ有投手が今季初先発。7回を7安打6三振無失点で今季初白星を飾った。ストレート中心とした投球は各紙で絶賛され、「新たなレベルに到達したシーズンが始まった」と評する声も上がっている。

瀬戸口 仁

執筆者:瀬戸口 仁

野球・メジャーリーグガイド

サイ・ヤング(最優秀投手)賞も見えてきた!

メジャー史上最速となる401回2/3での大リーグ通算500奪三振という記録も打ち立てた。

メジャー史上最速となる401回2/3での大リーグ通算500奪三振という記録も打ち立てた。

寝違いによる首の張りで3月31日(日本時間4月1日)の開幕戦先発を回避したレンジャーズのダルビッシュ有投手(27)が、6日(同7日)にフロリダ州セントピータースバーグで行われたレイズ戦に今季初先発。7回を7安打6三振無失点で今季初白星、メジャー通算30勝目を挙げた。

この日のキーワードは、とにかく“三振”だった。一回、1番・デへススの見逃し三振に続き、昨季ア・リーグ新人王に輝いたマイヤーズから空振り三振を奪い、大リーグ通算500奪三振を記録。しかも、401回2/3での達成は、2001年のケリー・ウッド(カブス)の404回2/3を抜くメジャー史上最速である。「それだけ健康に投げてきた証拠なので、良かった」というダルビッシュだが、この日はこれからが圧巻。二回無死一塁からジェニングスら好打者を3者連続の3球三振に仕留めたのだ。結局、7回を89球で終える省エネ投法で今季初白星をものにした。

「あんなにバンバン決まるとは思っていませんでした。2ストライクに追い込んだら、勝負に行くのが自分のスタイルなので、遊び球はなし。それがうまくはまった」

ダルビッシュは2012年に221個、ア・リーグ最多奪三振のタイトルに輝いた昨季は277個の三振を奪ったが、三振を奪うたびに球数が膨らんで交代が早まった事実がある。エースとしては球数を減らし、少しでも長いイニングを投げなければならない。そこで3年目の今季、ストライクを積極的に取りにいくことと、変化球でかわすのではなくてストレート中心で攻めることを課題とした。
この取り組みがいきなり実った。テキサスの地元紙スターテレグラムは、この日のストライク率が73%と、これまでに最も高かったことを紹介。昨年のストライク率の平均が62%だったことと比べれば、驚異的な伸びを示した。

また、同じく地元紙ダラス・モーニング・ニューズは、「昨年はストレートの割合が38%で、メジャーの先発投手81人中79位と低く、ストレートを使いづらそうにしていたが、この日は自信を持って制球していた」とその“進化”を認め、「新たなレベルに到達したシーズンが始まった」と絶賛した。

ヤンキースの田中将大投手が4日(同5日)のブルージェイズ戦(トロント)で、メジャー初先発初勝利を挙げたことが、刺激になったことも間違いない。田中の今季年俸は2200万ドル(約22億7000万円)。一方、ダルビッシュはその半分以下の1000万ドル(約10億3000万円)だ。ツイッターなどでジョークを言い合う仲だが、後輩に対するメジャーの先輩の意地が、7安打されても7回を無失点に抑えた投球に表れていた。

「3週間も投げていなかったのに、実力をしっかり見せてくれた。ストレートはよく制球されていたし、変化球は切れていた」とワシントン監督。「出来過ぎ。これだけ投げていなくても7回も投げられたので良かった」とホッとした表情を浮かべたダルビッシュ。この内容でのスタートなら、2年連続のア・リーグ奪三振王と取り損ねたサイ・ヤング(最優秀投手)賞が見えてきてもおかしくない。

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でメジャーリーググッズを見るAmazon でメジャーリーグの関連商品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます