日本プロ野球と比較して、遙かに恵まれていると言われるメジャーリーグの年金制度について解説する。

5年以上で有資格者


メジャーリーグの年金制度は、満額の場合、日本円でおよそ2000万円(スライド変動あり)が60歳以降、死ぬまで支給される
メジャーリーグの年金制度の概要は次の通りだ。メジャーでは選手会によって年金が運営されている。選手登録5年以上が有資格者となり、10年の選手登録があれば満額となる。満額の場合、日本円でおよそ2000万円(スライド変動あり)が60歳以降、死ぬまで支給される。

仮に選手登録が5年ならば満額の半額、9年ならば90%が支給され、5年未満であればゼロだ。また、マイナーリーガーにはこの年金は適用されず、全く支給されない。

日本プロ野球の年金制度


翻って日本プロ野球の年金制度は、10年以上の選手登録が受給資格条件となる。支給額は年間100万円強(月額10万円程度)で、55歳以降の支給となる。

日本の場合はメジャーリーグと異なり、一軍・二軍の差はない。

日米の差異


このように、日米で支給方法や額が異なるのには理由がある。日本の場合は、かなり一般の年金に近く、労使(NPBと選手会)双方負担による積み立て年金というシステムだ。最近では、増えていく受給者に対する財源不足が明らかになり、2012年に廃止が決定している。そしてそれ以降の年金制度がどうなるかは未定だ。日本プロ野球は、一般の年金制度に先んじて、年金の財源問題に直面しているのである。

対してメジャーリーグの場合、財源と支給対象者の推移は安定しており、また年金基金の運用も順調のようだ。メジャー5年以上の選手という「勝者」に手厚く、「敗者」に厳しいシステムとなっている背景には、選手会の労組としての力が大きい。ストライキなどを経て、メジャー選手会は権利を獲得してきたのだ。


【一流日本人選手には魅力的】→