SIMカードのおかげでスマートフォンの機種変更が簡単に

スマートフォンを利用する上で欠かせないのが、SIMカードです。通信会社より提供されているSIMカードを、スマートフォンに内蔵させることで、携帯回線を利用した通話と通信をすることができるようになります。SIMカードのシステムのおかげで、ユーザー自身がSIMカードを挿し換えて、複数のスマートフォンで1枚のSIMカードを流用したり、SIMカードを入れ替えることで簡単に機種変更ができるようになりました。
   

デュアルSIMスマートフォンとは?

このSIMカードは端末に1枚挿すものですが、2枚挿すデュアルSIMスマートフォンと呼ばれるものがあります。SIMを2枚挿すため、1台のスマートフォンに2つの電話番号が混在することになります。このデュアルSIMスマートフォンは、日本ではほとんど見ることができませんが、中国やインドなど、海外ではスタンダードな存在になっています。

海外の通信規格としては、GSM(2G)が大幅に普及し、徐々に3Gが普及していきました。2Gの従来の電話番号を活かしながら、3Gの使える場面では、通信が高速な3Gを使う、というスタイルのデュアルSIMスマートフォンが普及していたのです。日本においては、3Gが急速に普及したため、このデュアルSIMの普及はありませんでした。
 

デュアルSIMスマートフォンは日本でどう使う?

このデュアルSIMスマートフォンは、元来、GSMと3Gを併用して、両者の良い点を補完する役割の端末ですが、日本においては、別の活用方法があります。3GのSIMカードを2枚併用することで、通信料金を大幅に節約することが可能になります。例えば、1枚は、ドコモのSIMカードを利用し、通話プランのみで通信プランは利用しないことにします。そして、もう1枚は、ドコモのMVNOサービスのSIMカードを利用し、安い通信定額プランを利用します。この方法で、スマートフォンの月額運用費を2000円程度に抑えることができます。

また、通話料金を節約することができます。例えば、ドコモ相手に通話する場合は、ドコモのSIMカードを使い、ソフトバンク相手に通話する場合は、ソフトバンクのSIMカードを使うことで、通信会社内の無料通話プランの利用を併用することができます。
 

デュアルSIMスマートフォン、日本で使えるものは?

このようにデュアルSIMスマートフォンを利用すると、日本国内でも、活用が可能です。ただし、従来のデュアルSIMスマートフォンは、1つがGSM対応、1つが3G対応となっている場合がほとんどで、日本においては、3G対応しか使えないため、通常のスマートフォンとして使うしか方法がありませんでした。しかし、両方のSIMスロットが3G対応の機種が日本でも発売されましたので、紹介します。
デュアルSIMスマートフォンの使用方法を解説!

CP-F03a。


coviaのFleaPhone CP-F03aです。 4.5インチIPS液晶、Android4.2、クアッドコアプロセッサー1.2GHzと、ミドルクラスのスマートフォンですが、デュアルSIM仕様になっています。

1つのスロットが標準SIMサイズで、1つのスロットがマイクロSIMサイズとなっています。SIMフリーのため、ドコモ、ソフトバンク、ドコモのMVNOサービスのSIMカードの利用が可能です。ただし、片方を3Gで使用すると、片方がGSMのみとなってしまうため、同時に利用ができません。切り替えて使用するスタイルとなります。
 

デュアルSIMスマートフォンを写真付きで解説

SIMスロットを二つ搭載

SIMスロットを2つ搭載。

 
それぞれのスロットにて電話番号を認識しています

それぞれのスロットにて電話番号を認識しています。

 
どちらかのスロットを3Gに設定すると、片方が2Gになってしまいますので、同時利用はできません。

どちらかのスロットを3Gに設定すると、片方が2Gになってしまいますので、同時利用はできません。

 
データ接続を行うSIMを選択します

データ接続を行うSIMを選択します。



実際の運用方法としては、片方に通話プランのみのSIMカードを入れて、片方に通信のみのSIMカードを入れるスタイルが、一番節約になります。例えば、通話プランのみのSIMは、ドコモ、または、ソフトバンクのSIMカードを入れて、通信のみのSIMには、MVNOサービスの格安の通信定額SIMカードを利用します。普段は、通話のみのSIMカードにて、電話の待受けに使い、通信するときだけ、SIMカードを通信側に切り替えて使う運用方法となります。

デュアルSIMカードを運用することで、通話だけのSIMカードと通信だけのSIMカードの組み合わせで、毎月の運用費が大幅に節約になります。MVNOサービスの一つの活用方法として、スマートフォンユーザーの方は、活用しがいのある方法だと思われます。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。