エコな暮らしが当たり前の時代になっています。エコリフォームとは名前の通り、エコな家にするリフォームのこと。地球と家計にやさしいのはもちろん、快適で気持ちのいい暮らしができるようになります。今回は我が家を快適&省エネにするために、効果が高いエコリフォームのアイデアと実施のタイミングをご紹介します。

エコな家とは我慢して暮らすのではなく、快適の先にあるもの

エアコンを付けずに我慢するのではなく、エアコンを付けないでも快適な家がエコな家。

エアコンを付けずに我慢するのではなく、エアコンを付けないでも快適な家がエコな家。

私たちは毎日の暮らしの中でたくさんのエネルギーを使っています。エコな家とはエネルギー消費量が少なく、地球環境への負荷を軽減した工夫がされている家のことです。

と言っても、我慢して消費量を減らすのではありません。とても暑いのにエアコンをつけるのをひたすら我慢して暮らす家、寒いのにストーブをつけずにブルブル震えながら暮らす家は、エコな家とは言えません。

エコな家とは、自然を上手にコントロールして、夏涼しく冬暖かい環境を作り、エアコンをつけないでも快適、つけても小さなエネルギーで快適な環境を維持できる家のこと。つまり快適の先にあるものです。

またエコな家にするためには、長く使えるものを使用して廃材を減らす、自然エネルギーや自然素材を使って環境に配慮する、省エネ設備を選ぶなどの工夫も大切になってきます。

 

エコリフォームの基本は断熱性能の向上

エコリフォームの基本は断熱性能を上げること。断熱性能とは魔法瓶の性能のようなもの。

エコリフォームの基本は断熱性能を上げること。断熱性能とは魔法瓶の性能のようなもの。

ではエコリフォームとは、具体的にはどんなリフォームなのでしょうか?

先般、国土交通省によって実施された住宅エコポイント制度では、エコリフォームをするとポイントが発行され商品の交換などが行えました。その際にポイント発行の対象となった基本のエコリフォームは以下の2つです。どちらも家の断熱性能を上げるリフォームです。
  • 窓の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
断熱性能とは、魔法瓶の性能をイメージするとわかりやすいかと思います。熱い夏にどれだけ氷が解けないか、寒い冬にお湯がどれだけ冷めないか、というような性能です。家は、この断熱性能を上げるリフォームをすれば、外気の影響を受け難くなり、小さなエネルギーで家の中を快適に維持することができるようになります。これがエコリフォームの基本です。

 

パッシブデザインとアクティブデザイン

機械を使わず太陽熱や風など自然のエネルギーをコントロールして快適な環境を生み出すのがパッシブデザイン。

機械を使わず太陽熱や風など自然のエネルギーをコントロールして快適な環境を生み出すのがパッシブデザイン。

エコリフォームには、断熱性能を上げるリフォーム以外にも、自然の力を積極的に活用して快適な家にするリフォームや、省エネ設備を設置するリフォームもあります。

この自然の力を利用する手法をパッシブデザイン、機械の力を利用する手法をアクティブデザインと呼んでいます。

今から25年ほど前、パッシブソーラーシステムとアクティブソーラーシステムの定義について、現代用語事典の執筆のお手伝いをしたことがあるのですが、その際パッシブ(受動)は機械を使わず自然の力で給湯や暖房を行い、アクティブ(能動)は機械を使って発電や給湯、暖房を行うとしました。

その後、住環境に関する考え方は進化し、機械を使わず太陽熱や風などの自然の力をコントロールして快適な環境を生み出す手法をパッシブデザイン、機械設備の力を利用して快適な環境を生み出す手法をアクティブデザインと呼ぶようになりました。

そして今、大きく注目されているのがパッシブデザインの家づくりです。太陽熱、風、植栽、自然素材などを上手く活用することで、快適でエコな家にする手法です。エコリフォームは、このパッシブデザインと、設備を使ったアクティブデザインを上手に組み合わせることで、より高い効果を生み出すことができるのです。

 

次のページでは、快適&省エネ効果が高いエコリフォームのアイデアいろいろ、エコリフォームを実施するタイミングをご紹介します。