ガイダンス・模擬授業・キャンパスツアーが3つの柱

説明画像

オープンキャンパスは大学情報の宝庫。早い段階で親子で参加してみたい。

オープンキャンパスとは、大学がキャンパスを一般の人向けに開放し、自校の学びの特徴をアピールするために開かれるイベントです。また、在校生が大学の魅力について率直に語ったり、受験生からの質問や悩みの相談を受け付けたりするなど、現役大学生と高校生が直接触れあえる絶好の交流の機会にもなっています。

最近は国公私立を問わず、ほとんどの大学・キャンパスで盛んに行われています。開催の時期は夏休み期間を中心に、最近は春休みにもオープンキャンパスを開催する大学が増加しており、高校によっては春休みの課題としてオープンキャンパスへ参加を促す場合もあります。

大学によって内容はさまざまですが、大学の概要や学部・学科の内容を紹介する「ガイダンス」、大学の授業を体験できる「模擬授業」、大学内の施設・設備を紹介する「キャンパスツアー」が大きな柱になっています。また、実施している入試方式についての説明はもちろん、進学塾から特別講師を招いて学部・学科ごとの入試対策や受験勉強のコツを教えたり、志望校に合格した先輩である現役大学生が貴重な受験体験談を語ったりするなど、受験に直結する最新情報も充実しています。