ブラジルワールドカップ観戦者のためのヒント

fuleco

ブラジルW杯オフィシャルマスコット「フレコ」

ついにサッカー王国、ブラジルでのワールドカップが開催されます。ブラジルのことはあまり知らないけれど、とにかく「日本の応援に行くんだ!」とか「ワールドカップ観戦だ!」という方に知っておいて欲しいブラジルの基礎知識をまとめました。

ブラジルは広くて遠い!

maracana

上空から眺めるリオデジャネイロのマラカナンスタジアム(決勝戦会場)

成田からサンパウロまでの飛行時間は約30時間、さらにサンパウロと日本の時差は、12時間……。そのためカレンダー上で移動に往路は1日ですが、復路は2日かかります。

また、ブラジルは国土が広いため、国内移動にも時間がかかります。例えば、サンパウロから日本初戦が開催されるレシフェまでは飛行機で約3時間。もしもバス移動を考えているのであれば、約43時間かかると言われています。さらにレシフェの空港からアレーナ・ペルナンブコ・スタジアムまでは、約20km。メトロ、送迎バス、タクシーなど、こちらの移動も考えておく必要があります。

通常でも、天候やアクシデントで飛行機やバスが遅れることは、日常茶飯事……。ワールドカップ期間中は、多くの観光客が訪れるため、飛行機の遅延、交通渋滞も十分に考えられます。時差や移動時間が長いことから、体力的にも消耗します。到着直後は特に注意力が散漫になりがちなので、十分気をつけて下さい。

できるだけ余裕をもったスケジュールを組み、また、移動手段や滞在場所を確保した上で出かけたいものです。例えば、北東ブラジル(レシフェ&ナタール)のみならば、成田>マイアミ>レシフェといったサンパウロに寄らないフライトを選ぶのも1つの手ですよ。レシフェ・ナタール間は長距離バスで約4時間~4時間半ほどです。


こちらの記事で、アクセスについては詳しくご案内しています>>>ブラジルへのアクセス 

■ブラジル国内線・所要時間
  • サンパウロ → クイアバ間 約2時間(ブラジリア経由の場合、約3時間半)
  • サンパウロ → ナタール間 約3時間15分
  • サンパウロ → レシフェ間 約3時間20分
  • レシフェ → ナタール間  約1時間
  • ナタール → クイアバ間  約6時間(直行便なし。ブラジリア経由の場合)

直前になって慌てないために

copaT

W杯開催決定を祝う巨大ユニフォーム

■ビザ
観戦チケット、航空券、それにパスポート(失効まで半年以上)以外に必要なものは、ブラジルの入国ビザです。旅程が決定したら、早めに在日ブラジル領事館(東京、名古屋、浜松)に申請しましょう。通常手数料はかかりますが、旅行会社に代理で申請してもらうことも可能です(日本人が観光目的で取得する場合には申請料3000円)。

なお、ワールドカップの試合のチケットを持っている人が、W杯観戦用ビザの申請する場合、申請料が無料になるそうです。W杯終了後の入国はできないものの、通常ビザのような発行日から90日以内に入国が必要という決まりもないそうです。こちらも併せてチェックしましょう。

■予防接種
また、厚生労働省では、中南米地域の風土病「黄熱」の予防接種をお勧めしています。特に日本戦が行われる市の中では、クイアバが対象地域になっています。接種する場合は、早めの予約が賢明です。

[参考]
■通貨
それから、もう1つ大事なのがお金。ブラジルの通貨はレアルです。現地で円からの両替は基本できませんので、予め両替して行きましょう。現地でクレジットカードでのキャッシングが出来るように、予め海外キャッシングへの規制がないか、カード会社に確認しておきましょう。

■気候
6月のレシフェの気温は、最高29度、最低22度程度。雨の多い時期です。ナタールは、最高30度、最低23度。レシフェと似ていますが、雨量は比べると少ないです。クイアバは最高31度、最低17度。乾期のため、雨量は少ないです。


現地の両替事情などはこちらをチェック>>>ブラジルの通貨・両替