車の慣らし方

実際に車に乗せるためのトレーニングをしてみましょう。中にはいきなり乗せてもまったく平気な子もいますが、余計なトラウマを作らず、愛犬と快適なドライブを楽しむためには、おおむね次のような手順をふむといいでしょう。

  1. 短い時間で構わないので、車の近くで遊んでみたり、好物をあげたりして、車の存在そのものに慣らす
     
  2. 車のドアは開けたまま、中で一緒に遊んだり、好物をあげたりして短い時間を過ごす。この時エンジンはまだかけない。嫌がる犬を無理矢理乗せたりしないように注意を。ある程度大きい犬の場合はオモチャなどで気を引いて、犬の方から進んで乗るような状況をつくってあげるといい
     
  3. 今度はドアを閉めて、2と同様に
     
  4. 大丈夫そうならエンジンをかけてみる。最初のうちはエンジンをかける時間も短めに
     
  5. 慣れてきたなら短い距離を走ってみる。できるなら着いた先で一緒に遊んであげたり。ワクチンがまだ不安定な時期である場合には、車内で遊ぶだけでもOK
     
  6. 走る距離を徐々に延ばしていく。着いた先がいきなり病院だったり、犬にとってあまり楽しくない場所だと車に乗ること自体に負のイメージを与えかねないので、着いた先には必ず楽しいことが待っていると思えるような場所に連れて行ってあげるように

少しでも嫌がる素振りが見えたら、一つ前の段階に戻ってトレーニングし直すようにします。最初のうちは走っている途中で吐いてしまうこともあるかもしれませんが、それを叱ってしまうとマイナスイメージがついてしまいますのでご注意ください。黙ってさっさと片付けてしまいましょう。

最初のうちはダッコでも構いませんが、いずれクレート類に入れて乗せたいと思うのであれば、そうしたドライブグッズにも少しずつ慣らしていくといいですね。

車に乗ることに慣れたら、ドライブ中に気をつけたいこともあります。