犬連れで入れるカフェやレストランも増えてきました。美味しい食事を愛犬と一緒に楽しめたら嬉しいですよね。しかし、食べ物を扱うお店だけに、気をつけたいこともあります。

最低限のエチケットは守ろう

大型ショッピングモール内にあるドッグカフェ
食べ物を扱う場所だけに、基本的なしつけとマナー、そして清潔に気を配ることは大事。
犬と一緒に入れる飲食店には、ドッグカフェやレストラン、変わったところではお蕎麦屋さんなどがあります。店内まで犬OKのところもあれば、テラス席のみ、犬のサイズに制限があるところなど、そのスタイルは様々です。

犬がOKなのだからと、わがままが通るかと思ったら大間違い。それなりのエチケットは必要です。以前、オフ会の取材であるドッグカフェを訪れた時のこと、参加した犬達が一斉に吠え出し、すぐ隣にいても会話の声が聞き取れないほどの騒ぎになったことがありました。参加した人達はお客さんですからオーナーさんもあまり声を大にして言えなかったようですが、オフ会が終了した後、渋い顔をしながら「いやぁ、参りました……」と呟いていたのを思い出します。

ある程度のマナーが守れてこそ楽しめる食事。他のお客さんやお店のスタッフの迷惑にならないように気をつけたいものです。そのマナーにはどんなものがあるのでしょうか?

基本的なしつけは必要

ドッグカフェやレストランでは、すぐ隣に他のお客さんがいるような限られた狭い空間に犬を同伴するわけですから、基本的なしつけは身につけさせておきたいものです。「スワレ」「フセ」「マテ」「ヤメ」「ダメ(イケナイ、ノー)」など、生活に必要なコマンドには反応できるように練習しておきましょう。自分の子をコントロールできないようですと、せっかくの美味しい食事も楽しめませんよ。

各種予防ワクチンは接種してあるか?

狂犬病予防接種および各種予防ワクチンが接種してあることが入店の条件になっているお店もあります。多くの人や犬が集まる場所ですから、はっきり条件として提示されていなくとも、無理のない範囲で必要と思われるものは接種しておくことをお勧めします。これはドッグカフェやレストランに限ったことではありません。愛犬の健康を守るため、愛犬との行動範囲が広がれば広がるほどに、おのずと必要になってくるものです。