株式投資は今からでも遅くない

kabutou

今から株式投資をはじめよう!

2013年はアベノミクス効果なども影響し、日本経済は前年までと比べると少し元気になってきたと感じる人もいるのでは。

2013年の日経平均株価の動きを、1年を通じて見てみると、2013年最初の取引となる大発会(1月4日)の終値1万688.11円に始まり、その年の最後の取引となる大納会(12月30日)の終値は1万6291.31円と実に152.42%もの上昇となりました。

さらに2014年からは新たなNISA(ニーサ)【少額投資非課税制度】が導入されることから、金融機関各社やメディアによるその宣伝効果などもあって株式投資に興味を持ったり、また実際に証券口座開設を開いた方も増えたと思います。しかし、中には興味はあるものの『まだまだ株式投資は不安』と漏らす方も多いのも事実です。

ではそんな超初心者のための株式投資術、さらには超初心者向け証券会社の選び方について考えてみましょう!

超初心者はこの3つを守ろう

子どものころ、初めて補助なし自転車に乗れるようになるまで、何度も転んで、何度も痛い目を見て、やっと安全に運転できるようになった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

実は投資も一緒です。超初心者のルール1つ目は、まずは慣れることです。はじめて新しい投資を試みる場合、まずは『少額からなれる』ことが大切です。いきなりたくさんの額を投資してはいけません。少しずつ感覚に慣れることで、運用そのものに慣れてください。2つ目のルールは、理解してから投資をするということです。分からないまま投資をすることはリスクを拡大させることになります。そして3つ目のルールは、少額投資向けの証券会社を選ぶこと。

超初心者が守るべき、3つのルール!
1.少額投資で運用に少しずつ慣れる
2.株式投資というものを理解する
3.少額投資向けの証券会社を選ぶ


たったこれだけです。このルールを守ることで、超初心者は投資のリスクを減らせます。