Accessとは

Access(アクセス)は、Microsoft社が開発した「データベース管理ソフト」です。したがって、Accessを知るには、まず、「データベース」について知る必要があります。
Microsoft Access※厳密にいうと、AccessはRDBMS(Relational Database Management System)です。

Microsoft Access
※厳密にいうと、AccessはRDBMS(Relational Database Management System)です。





データベースとは

データベースは、「大量のデータ」を「蓄積・保存」して「利用」するためのしくみです。データは表(テーブル)形式で蓄積・保存され、テーブルから必要なデータを取り出して集計したり、テーブルにデータを追加したりして、データを利用します。もちろん、データの変更や削除なども行えます。
データベース※厳密にいうと、Accessで作成・管理するデータベースは、リレーショナルデータベースです。

データベース
※厳密にいうと、Accessで作成・管理するデータベースは、リレーショナルデータベースです。



こういったデータベースというものを「作成・管理」するソフトウェアがAccessです。データベースを作成するだけでなく、データを効率的に管理・運用できるしくみも備わっています。たとえば、データ形式の違いなどによる「不正なデータ」が入力されることを防いだり、複数の人が同時にデータを利用したときなどに「データの矛盾」が生じないように処理したりする機能などがあります。
データを安全に管理・運用できるしくみ

データを安全に管理・運用できるしくみ



続いて、Accessでできることの概要を紹介します。次ページへどうぞ!