遮熱とは、主に「日射による放射熱の通過を防ぐこと」を指します。
断熱と同様に、省エネ効果に影響する重要な性能のひとつです。

・夏は冷房効果を高めるために日射を遮る方が効率的
・冬は暖房費削減の為に日射を取り込む効果が高い方が効率的

このように、一般的な「遮熱」は、通年における一貫した捉え方をするものではなく、季節や環境によって対応に変化が必要な機能となりますが、ここでご紹介するカーテンの「遮熱」性能は、夏の節電対策に有効なものとなります。

遮熱マークとは

遮熱マーク

遮熱マーク

一般社団法人日本インテリアファブリックス協会(NIF)のホームページによると、「一般のシアーカーテンと比較して、節電対策上の相対的効果が認められ、遮熱率25%以上、遮光率99.4%未満の判定基準に適合するシアーカーテンおよびスクリーン類に表示することができる」マークです。

シアーカーテンとは、レース、ボイル(透明感のある薄手の織物)、オーガンジー、エンブロイダリー(刺繍)、ケースメント(レースより厚みのある織物)、などの薄手生地のプリントカーテンのことで、シアーという語源は、英語の「薄い・透き通る」という意味から来ています。
手編みのレースのようなざっくりしたものではなく、透過性の高い薄い織物で作られたものを指します。
シアーカーテン例

シアーカーテン例


遮熱カーテンの選び方

以前の記事で手軽に購入出来る遮熱カーテンを紹介しましたが、オーダーカーテンを注文する場合は、各メーカーのカタログに遮熱マークが表示されていますので、簡単に遮熱商品を選ぶことができます。

インテリアメーカー「サンゲツ」のカタログを例にとってみると、下の画像のように、商品の価格欄の下にオレンジ色の遮熱マークがプリントされているので、簡単に選ぶことができます。
カタログに表示されている遮熱マークの例

カタログに表示されている遮熱マークの例