子供の目線に立ってみる

ありきたりの言葉ですが、子供と一緒に家事をするには「子供の目線に立つ」ことがとても大事だと思っています。

・どんな風に誘えばその気になるか
・どうやったら子供も自分も楽しいか
・飽きさせない為にはどうしたら良いか
・子供ができるレベルはどこまでか
などなど
そして、その延長線で「道具」がとても重要だということにも気づきました。
そう「形から入る」ってとっても大事なのです。多くの男性もその傾向があると思う
のでこれは子供に限らず、夫への家事協力のポイントにもなりますね。

お勧めアイテム

さて、今回は我が家で実際に使ってみて子供に大ヒットのお掃除グッズをご紹介します。

ng

何故か子供にヒットするこのサイズ感
 

・卓上用ほうきと塵取りのセット
デスク回りなどを掃除する用の小さなほうきと塵取りのセットです。
普通サイズのほうきと塵取りも実際に使ってみましたが、サイズ的に子供の手に合わないのはもちろんですが、この小さなサイズがどうやら子供の心にヒットするようです。大きなほうきで私がごみを集めた後に「ごみ取って下さいな~」と声をかけると、このほうきと塵取りで、ささっと取ってゴミ箱へ入れてくれます。手で拾った方が早いんじゃない?と思えるゴミまでこれで取ることも。さっさと手で拾ってくれれば良いのに!と思うのですが、この道具を使うことで気持ちよく自分でゴミ拾いをしてくれるのなら、その1分2分も無駄にはならないなぁ、と思うのです。

ほうきはすぐに先がダメになったり汚れたりするので消耗品と割り切ってこちらは、手ごろな100円均一で探しています。

ng

静電気でホコリが集まるテレビ回りにも便利なアイテム

・コンパクトなはたき・ハンディモップ
昔ながらのはたきやよくあるハンディモップだと、インテリア的にいまいち納得がいかず気分が上がらないのは子供ではなくて私の方。だからちょっと素敵なこのハンディモップを見つけた時は本当に嬉しかったです
ピアノ、棚の上、イスの座面など、特に面が広いところにはホコリってすぐに溜まり目立ちます。そのホコリを放っておくと、また空気中に舞って次は床に溜まる。だから衛生面から考えてもホコリはマメに取り除きたいのです。このハンディモップはコンパクトなので、テレビの横など、子供の手の届くところに置いておけば便利ですよ。テレビを見るついでに「テレビのお掃除して下さいな」と声をかけてテレビを見るのとお掃除をセットにしてしまえば良いのです。
楽しい事、好きな事とお手伝いをセットにしてしまうのもひとつの手です。
ただ、「○○やったからこれやって」という代償的な言い方はせずに、あくまでも自然の流れでやってもらうのがコツだと思います。

Tidy  ハンディモップ

ng

一番人気のガラスワイパー

・スキィージー・ガラスワイパー
これぞ便利お掃除グッズ、だと思います。水切れがよく拭きムラが付かないので仕上がりがキレイ。そして子供にとってこの道具は非日常的でやり甲斐のあるお手伝いのようです。我が家では取り合いになることが目に見えていたので、人数分用意しているほど。そして、窓ガラスはもちろん、車のフロントガラス、大きな姿見、お風呂の壁、鏡、扉、と使う場所が意外と多いのです。お風呂場の水垢対策にはこれが1本あるだけで全然ちがいますよ。
このガラスワイパーに関しては、旦那さまにもヒットすること間違いなし!「面白いくらいキレイになるんだけど、やってみて」と手渡してみて下さい。

無印良品ガラスワイパー  

最後の詰めはやっぱり声かけ

そしてやっぱり声かけは大事なので「お手伝いしなさい!」ではなく「一緒にやろう!」「見て見てこれすごいよね~楽しいね~」の言葉かけも忘れずにお願いしますね。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。