カウンター上に日本酒がずらりと並ぶ

西日暮里駅から不忍通り方面へ歩く。不忍通りに出て右に曲がると昭和2年創業の稲毛屋さんがある。ちょうど昼時で店内はお客さんで賑わっている。テーブル席は6卓ほどとカウンター4席、二階には座敷や個室もあるようだ。モダンな木の風合いの店内はホッと落ち着く感じがする。カウンター上には日本酒の一升瓶がずらりと並び種類も豊富だ。日本酒にはこだわりのあるお店だ、定期的に日本酒の会を催しているとのことだ。
稲毛屋外観

稲毛屋外観


東京都内では珍しく、蒸さない関西風を選択できる

メニューはランチうな丼は1300円より。うな重は梅1800円、松2600円、特3400円。グレードで大きさと量が違うとのこと、一回りづつ大きくなるとのことだ。稲毛屋さんの面白いところは蒸を入れた関東風か蒸さない関西風か選べるところだ。東京都内で蒸さない関西風をいただけるお店は希少だ。特3400円の関西風(蒸さない地焼)をお願いする。他には白焼き丼、和風うな丼、ひつまぶしなど鰻料理のをはじめ、とりわさ、合鴨のたたき、たけのこの味噌漬け、山うに豆腐などなど日本酒に合いそうな酒の肴系メニューも豊富にある。店員さん厨房の人もなんだか元気で活き活きしている、こちらも元気になりそうだ。
稲毛屋関西風

稲毛屋関西風


関東風の柔らかい蒲焼とは違ったボリューム感の関西風蒲焼

待つこと10分、うな重登場。蒸す工程がないから関東風より出来上がりは早い。皮は薄目でやや弾力あり。身はやや厚め、プリッとクニュっとした歯ごたえ、このプリプリ感は蒸さない関西風ならではの食感だ。身の内部の程よい脂のノリと甘み、皮と身がハラッとはがれる感じも好きだ。タレは甘辛ほんのり甘目で蒲焼とご飯のバランスも良い。関東風のトロッと柔らかいうな重とはまた違ったボリューム感と満足感。ランチのうな丼でも関東風と関西風と選ぶことができ、関西風の蒲焼を試してみるのにはちょうど良いかもしれない。日本酒の品揃えからして、夜に一杯やりながらの関西風地焼をお勧めしたい。
稲毛屋関西風

稲毛屋関西風


■稲毛屋
住所:東京都文京区千駄木3-49-4
電話番号:03-3822-3495
営業時間:11:30~14:00 17:00~21:30
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www006.upp.so-net.ne.jp/inageya/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。