うなぎの街、浦和とは

江戸時代より中山道の宿場町(日本橋から三番目)として繁栄した浦和。当時の浦和周辺は沼地が多く、川魚が多く生息する水郷地帯で、魚釣りなどを楽しむ行楽客で賑わっていたそうだ。その行楽客に沼地でとれた鰻の蒲焼を出したところ、味が良いと評判になり中山道を行きかう人々に喜ばれたという。

大正時代になると開発により地場の鰻は減ってしまったが、「うなぎの蒲焼」という伝統の味は、さいたま市で営業する約20店舗の鰻屋さんで構成される「浦和のうなぎを育てる会」に受け継がれ、さいたま市伝統産業にも指定されている。2008年には浦和のうなぎのマスコットキャラクターとして「うなこちゃん」の石像が浦和駅西口に登場。可愛らしいキャラクターの作者は「アンパンマン」の作者で知られる漫画家のやなせたかしさん(故人)なのだ。
「浦和のうなぎ」のキャラクター「うなこちゃん」

「浦和のうなぎ」のキャラクター「うなこちゃん」


日本最大級!浦和のうなぎ祭りでは、レアな鰻弁当が食べられる

「浦和のうなぎを育てる会」が中心となり、毎年5月の最終土曜日に「さいたま市浦和うなぎまつり」が2002年から開催されている。浜松や岡谷、多治見市などの鰻どころも出店参加する日本最大級の鰻の祭りだ。

さいたま市役所の敷地内で行われる「浦和うなぎまつり」では、2000食限定で鰻弁当の実演販売が行われる。「浦和のうなぎを育てる会」に所属するお店の職人が集まり、目の前で捌き焼きあげる。職人の仕事を目の前で見ることができる貴重な機会でもある。裂きたて焼きたての鰻弁当が食べられるのも嬉しい。この鰻弁当は人気がありチケットの販売開始時間には長蛇の列ができるほどだ。事前に鰻弁当情報をチェックしてレアな鰻弁当を楽しんでいただきたい。
会場内のステージではプロのライブや小学校の金管バンドの演奏などもあり、鰻好きもお子様も一日中楽しめるお祭りだ。
浦和うなぎまつり、人気の鰻弁当実演販売の様子

浦和うなぎまつり、人気の鰻弁当実演販売の様子


「浦和のうなぎを育てる会」から「日本のうなぎを育てる会」へ

現在、私達がいただいている養殖の鰻は、漁師が海などで天然の稚魚を獲り鰻養殖場で半年以上飼育して成長した鰻が鰻屋さんに届けられている。資源保護の観点からも期待されている「うなぎの完全養殖」は、人工授精により卵から稚魚に育てるというものだ。技術的には完成しているのだが、生育段階での餌などのコスト高で商業ベースには至っていない。

そこで「浦和のうなぎを育てる会」に所属する鰻屋さんが中心となり、実用化による自然保護と安定供給の実現を願い「うなぎ募金」を始めた。現在では賛同する鰻屋さんも広がり「日本のうなぎを育てる会」として募金活動を展開している。
広がりを見せる「日本のうなぎを育てる会」の募金箱。

広がりを見せる「日本のうなぎを育てる会」の募金箱。


浦和にはお店によって特徴のある魅力的な鰻屋さんがたくさんある、さいたま市散策と鰻屋さんめぐりを楽しむのもよいかもしれない。たくさんある鰻屋さんの中から一部ご紹介する。


「中村家」

創業は1888(明治21)年の老舗、埼玉会館前の古風な和風建築に「蒲焼」と書かれた大きな暖簾が目印。身の表面は焼き強めで香ばしくパリッとているが中はフワッとした仕上がり。濃いめ辛口醤油系のタレが特徴。
香ばしい「中村家」のうな重

香ばしい「中村家」のうな重

■中村家
住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂3-2-12
Tel:048-822-4993
営業時間:11:30~14:00,17:30~20:30(L.O.19:30、土曜日はL.O.18:30)
定休日:日曜・祭日
地図:Yahoo!地図情報


「うなぎ小島屋」

土間のある純和風のお屋敷といった雰囲気のお店の大広間でいただく。身は厚めで柔らかいが浅めの蒸し加減でほどよいプリプリ感のある蒲焼を楽しめる。タレは甘めでご飯ともよくあう。大皿に盛られた鰻蒲焼大の筏はボリューム感あり。
大広間でいただく、「小島屋」さんの蒸浅めのうな重

大広間でいただく、「小島屋」さんの蒸浅めのうな重

■うなぎ小島屋
住所:埼玉県さいたま市南区太田窪2166
Tel:048-882-1382
営業時間:[火~金]11:00~15:00,17:00~19:30、[土日祝]11:00~19:30
定休日:毎週月曜日 祝日の場合は翌日
ホームページ:http://www.unagi-kojimaya.jp/
地図:Yahoo!地図情報


「うなぎ処古賀」

2009年創業の西浦和駅前ロータリーにある浦和でも新しいお店。店主は南千住の人気店「尾花」で修行したという。厚めの身でフワッとトロッとした食感、鰻の程よいボリューム感と鰻の風味を引き立たせるタレとのバランスがよい。
鰻の風味が感じられる「うなぎ処古賀」さんのうな重

鰻の風味が感じられる「うなぎ処古賀」さんのうな重

■うなぎ処古賀
住所:埼玉県さいたま市桜区田島5-10-5 土屋第5ビル
Tel:048-753-9986
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~21:30(L.O.20:30)
定休日:毎週水曜日(祝・祭日の場合は翌平日)
ホームページ:http://unagidokoro-koga.com/
地図:Yahoo!地図情報


「和香」

カウンターとテーブルで7席ほどのアットホームなお店。うなぎを焼く煙を嗅ぎながら、カウンター越しに職人の仕事を見ることができる。フワトロの厚めの身とやや甘めのタレでボリューム感あり。
ボリューム感のある「和香」のうな重

ボリューム感のある「和香」のうな重

■和香
住所:埼玉県さいたま市浦和区本太3-1-18
Tel:048-884-0649
営業時間:[木~火]11:00~14:00,17:00~21:00
定休日:水曜日
地図:Yahoo!地図情報

(取材協力)日本のうなぎを育てる会
ホームページ:http://unagi-bokin.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。