2019年10月1日以降に定期券の期限がくる人は、増税前に買い換えたほうがオトクなの?

2019年10月1日には、10%に上がる消費税。交通機関の運賃も、8%から10%に値上げします。

定期券も値上げになります。今から2019年10月1日の増税前に定期券の有効期限がくる人は、増税前8%の消費税で6ヶ月定期を買ってしまうのが間違いなくオトクです!ところが悩むのは、2019年10月以降に定期券の期限がくるケース。このまま継続して、10%に増税された後に、継続の定期券を買ったほうがいいのでしょうか?
 
定期券の買い替え、増税前にしたほうがいい?

定期券の買い換え、増税前にしたほうがいい?



3つのステップで考えます。
1. 今の定期券を期限まで使って消費税10%になった後に新しい定期券を買うケース
2. 今の定期券を払い戻し、消費税8%の料金で6ヶ月定期を買うケース
3. 1と2を比べて、1ヶ月間のコストが安いほうがオトク!


ポイントは増税前に6ヶ月分の定期を買うことです。できるだけ安い運賃で前払いするというイメージです。

そこで必要になるのが、1の増税後の定期代と、2の払い戻しの計算式です。払い戻しの計算式や手数料については、それぞれ交通機関のホームページに書かれていますのでチェックしてみましょう。
 

バスは定期券を払い戻すと損になってしまう

定期券を払い戻す場合は、残りの期間を単純に割ってお金が戻るのではなく、手数料とペナルティがあります。ペナルティとは、定期券の金額ではなく、普通運賃でそれまでに使った期間を計算されてしまうことです。

バス会社各社の、払い戻し計算方法は
定期券代―(往復料金×経過日数)―手数料=払戻し額


この式で出てきます。手数料は、京王バス520円、東急バス510円のように各社違います。そもそも、バスの定期券は鉄道に比べ割引率が低く、6ヶ月定期でひと月20日以上乗らないと元が取れません。それを往復の経過日数(定期券購入日から払い戻す日まで)で計算し、さらに手数料がかかるので、とても不利なのです。

まだ認可申請中で、料金が決定していませんが、片道220円のバス料金の場合、今の料金が6ヶ月定期で5万1950円、新料金が仮に5万2911円 だとすると。その差は、961円です。手数料を払うとすでにこの時点で400円程度しか変わりません。さらに経過日数を普通の往復運賃で計算するので……。

たとえば、東急バスで約3ヶ月後の90日経過後に払い戻しを受けるとすると

5万1950円―(往復440円×90日)-手数料510円=1万1840円…払い戻しされる金額

まだ半分残っているのに、手元に戻るのは4分の1以下になってしまいます。

バスの定期券は、増税だからといって払い戻さないようにしましょう。1ヶ月20日もバスに往復で乗らない人は、定期券ではなく1ヶ月で1000円使うと100円分のポイントが貯まる「バス利用特典サービス」を使ったほうがうんとオトクです。東急バスの説明が親切でわかりやすいです。他のバス会社も同じサービスがあります。この機会に見直してみましょう。

●東急バスのバス利用特典サービス
 

鉄道の払い戻しで損をしないポイントはここ!

鉄道各社も、払い戻しのペナルティがあります。JRの場合手数料は220円。バスに比べると半額以下ですが、もう一つの経過期間の計算方法に注意しなくてはいけません。

鉄道は、経過期間を月数で計算します。例えば1ヶ月と数日使った場合は、2ヶ月と計算されてしまうのです。たとえ、1日過ぎただけでも1ヶ月と計算されるので、損です。

例)8月1日から1月30日まで有効の6ヵ月定期券を9月3日に払いもどす場合

払戻額=6カ月定期運賃-(1カ月定期運賃×2)-手数料220円

9月はたった3日しか使っていないのに、1ヶ月分と計算されてしまいます。

鉄道の定期券は、きっちり2ヶ月、3ヶ月と使いきって払い戻すとムダがありません。今回の増税ではどのケースがオトクなのでしょう?
 

どれくらいオトク?

東京―新橋の定期券の場合
現行  1ヶ月3880円 3ヶ月1万1060円 6ヶ月1万8620円
増税後 1ヶ月3950円 3ヶ月1万1270円 6ヶ月1万8980円

■3ヶ月定期の場合
例)ちょうど2ヶ月残っているケース。

買い換えずに、増税後も3ヶ月定期を買うと6ヶ月間の定期代は?
1万1060円+1万1270円=2万2330円
1ヶ月のコストは
2万2330円÷6=3721円

では、1ヶ月経過後、きっちり2ヶ月残ったところで払い戻す計算をしましょう。1ヶ月の定期券代は3880円なので、
1万1060円―3880円-220円=6960円
と、なります。この6960円は残り2ヶ月分だと考えると、
1万1060円―6960円=4100円が経過した1ヶ月分のコストです。

さあ、次に増税前の料金で6ヶ月の定期を買うと、経過した1ヶ月+6ヶ月=7ヶ月間の定期代は?

4100円+1万8620=2万2720円
1ヶ月分のコストは?
2万2720円÷7=3245円

つまり、3ヶ月毎に買い換えていた人がいいタイミングで6ヶ月買えば1ヶ月に476円、半年で2856円オトクということになります。

もし、手持ちのお金がなくて6ヶ月分は買わないで、3ヶ月定期に買い直すと・・・・
4100円+1万1060円(3ヶ月定期代)=1万5160円←これは4ヶ月分
1万5160円÷4=3790円
残念ながら、買い換えた方が割高になってしまいました。

例)3ヶ月定期をそのまま使い、増税後に6ヶ月定期を買うケース
1万1060円+1万8980円=3万40円←9ヶ月分
3万40円÷9=3337円
3ヶ月定期を使っている間に、残り2ヶ月あれば6ヶ月定期に買い換えたほうが若干おトクです。

■6ヶ月定期を買った場合
例)6ヶ月定期を買った人が、買い換えず増税後に6ヶ月定期を買った場合。
1万8620円+1万8980円=3万7600円←12ヶ月分
1ヶ月のコストは
3万7600円÷12=3133円

もともと、6ヶ月定期は割引率が高いので、払い戻しをすると経過分を割引率の低い3ヶ月定期や1ヶ月定期の料金で計算されるためソンになります。そのまま使って増税後も、6ヵ月定期を買うといいでしょう。
 

「増税前に定期券を買い換えるとオトクかどうか」のまとめ

・バスは買い換えない。そもそも、定期がトクか考えよう!
・鉄道の定期は、3ヶ月定期を買っている人は、増税前に残り期間をきっちり2ヶ月残して、6ヶ月定期に買い換えるとオトク!


駅の窓口は混みあいますので試算や相談などは、窓口のすいている時間にするか、お客様センターなどに電話してみましょう。いずれもできるだけ早めに確認するのがいいですね!


【関連記事もチェック!】
お金を楽しく増やす、3つのお財布とは?
2019年10月、消費税が10%に上がるときの注意点!
ノンアルコールビールは8%?消費税の軽減税率で適用されるものは?
食費の目安、エンゲル係数20%が理想はホント?
30代、40代、50代など年齢別、気になる食費とエンゲル係数
定期預金とは?定期預金の基本と落とし穴!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。