一石二鳥の天窓


写真をクリックすると次の写真に進みます
個室
上/書斎。ガラスには水色の透明フィルムが貼られている。中上/床下収納。中中/上部のガラス越しに玄関が見える。中下/上部のガラスには黄色の透明フィルムが貼られている。写真:小平惠一建築研究所 下/傾いた壁の向うはキッチン。


母屋の東側には2つの部屋があります。真ん中は造り付けの机がある書斎で、隣地に向かって床から天井までの大きな窓が開けられています。机の足元の引き戸を開けると床下収納です。机の上面は階段の最上段と一体となって、しかも奥の個室の床とも揃っている。この共有のデザインがとてもユニークです。反対側はリビングと同じ天井高の個室です。収納の奥には机と棚が造り付けになっていて、傾いた壁の上からガラス越しに天窓からの光が入り込んできます。これは1つの天窓の光を2つの部屋に同時に採り込む、一石二鳥のアイデアでした。

◆建築家プロフィールと建築データ