シンビジウム                   

シンビジウム

シンビジウムのプリザ加工

園芸用のらんの中では寒さに強く育てやすい洋ランです。東南アジアから日本にかけて自生する原種を交配して品種改良されたランです。お花の色や形も種類多く、寒い冬の時期に園芸店やお花やさんで沢山のシンビジウムの鉢が並んでいます。冬のお花のギフトとしても定番かもしれません。

可愛らしく、1本の花茎に沢山の花を咲かせるのでとても華やかです。ただ、一度花が終わってしまうと次にお花を咲かせるのが難しいランです。お花が沢山咲いている時にプリザーブドフラワーに加工して次のお花が咲くまで楽しみましょう。


シンビジウムを切り分ける

シンビジウム

シンビジウムのプリザ加工

沢山お花が咲いているので、傷の無い綺麗な形のお花を選びましょう。又、完全に咲いているお花は見た目は綺麗ですが、咲いてから日数が経ってい る可能性があるので避けましょう。もう少ししたら満開になりそうといるお花を見 つけて切って下さい。それから、とても大切な事、切る前の3時間くらい前に鉢に たっぷりとお水をあげて下さい。

 


切り分けたシンビジウム

シンビジウム

シンビジウムのプリザ加工

容器に入るくらいの量のシンビジウムを切り分けて下さい。写真のように、少し花びらが内側を向いているくらいのお花を切ると丁度良いでしょう。




 


 

脱水液を容器に入れる

シンビジウム

シンビジウムのプリザ加工

たっぷりの脱水液を容器に入れて下さい。複数のお花を入れる時はお花が全部液に浸かってもお花の容積が脱水液の容積より多くなってしまう事があるので気を付けて下さい。






 

シンビジウムを脱水に入れる

シンビジウム

シンビジウムのプリザ加工

お花を脱水液に入れます。ランは花びらが厚く、しっかりとしているので、8時間くらい浸けておきましょう。元のシンビジウムのお花の色によっては脱水されてもほのかに元のお花の色が残っている事もありますが、8時間以上経っていたら次の工程へ進んで下さい。