もっとハーフ風になれるメイクポイント

ポイント1

ポイント1
眉毛の位置を下にずらして彫りの深さを強調

眉毛の高さを下げて、眉毛と目の間隔を狭めることで、彫りを深く見せるワザです。眉頭の下の部分に、ブラウンのペンシルアイブロウで、眉毛を1本1本描き足しましょう。

眉下全部を描き足すと不自然だけど、眉頭だけならナチュラル。眉毛の位置が下がったように見え、目元の印象も強まります

ポイント2

ポイント2
ノーズシャドウは目の横のくぼみに入れる

鼻を高く見せるために欠かせないノーズシャドウを入れるとき、重要なのは位置。鼻の横から真っすぐ長く入れると、化粧の濃い鉄仮面のような印象になってしまいます。

色をのせるのは、眉間の下の、ほんの一部。目頭と鼻の間の、指がすっぽり収まる部分に、マットなベージュを楕円形に入れましょう。

ポイント3

ポイント3
ハイライトは、顔が大きく見えないように注意

ハイライトをTゾーン&あご先に入れます。Tゾーンは、鼻の頭には入れず、“小さいTの字”を描くイメージです。広範囲に入れると、おでこが出っ張って見え、顔が大きく見えるのでNG。

あごは、唇下のふくらんでいる部分に丸く入れましょう。ハイライトは、パール入りがマスト。キラキラ効果で、立体感を強調できます。