約50種のアジアンスイーツドリンクでクールダウン

解説

この看板が目印

解説

行列の人気店

暑いシンガポール、冷たくって、美味しいドリンクが飲みたい! そんな時にお勧めなのが、シンガポールで21店舗を展開する、アジアンスイーツドリンクのお店、KOI Cafe。定番のタピオカミルクティーだけでなく、ここの売りは、何と言っても50種類以上と言う、ラインナップの豊富さ。例えば、グリーンティーだけでも、ジャスミングリーンティー、ライムグリーンティー、マンゴーグリーンティー、レモングリーンティー、プラムグリーンティー、パッションフルーツグリーンティー、ピーチグリーンティー、ヤクルトグリーンティーと、目移りしそうな充実ぶり。

 

解説

ipadで注文を聞いて回り、オーダー時間を短縮

いつも行列の人気店で、沢山の種類からお客さんの好みに合ったドリンクを作るのは時間がかかりそう。と思いきや、意外に待ちません。オーダーをした後、レジで番号札をもらって、電光掲示板に自分の番号が出たら、受け取りに行きます。混雑時には、iPadを使ってあらかじめ行列の人にオーダーを聞いて回ったり、お客さんを効率的にさばいていくので、見た目ほどには待たなくてすみますよ!

 

お勧めのアジアンスイーツドリンクをご紹介

解説

ミルキーなフォームが美味しいマキアート

解説

マキアートの飲み方は店頭にも注意書きが

特にお勧めは、マキアート! 冷たいジュースやお茶の上に、フォームミルクに見立てた、バニラシェイクと泡立てた生クリームの間のような、ふんわり、ひんやりした層がのっています。パッションフルーツやマンゴー等、南国感あふれるジュースを選ぶと、気分も盛り上がります。特に、パッションフルーツマキアート(Mサイズ3.2シンガポールドル)は、程よい酸味がミルキーな泡と良く合い、後味もすっきりしていてお勧めです! 飲み方は、表面のフィルムを、一緒に渡される小さなプラスチックナイフで端を2センチほどカット、そのまま頂くと、きめの細かい泡を十分に楽しむ事ができますよ。

タピオカの次はこれ? 珍しいバブルティー

解説

珍しいヤムイモのバブルティー

解説

ヤムイモはもっちりした食感

もうひとつのお勧めは、珍しい、タピオカの代わりにヤムイモを使ったバブルティー、ミニヤムイモティー。タピオカとはひと味違う、ヤムイモの甘い香りのバブルは、南国気分をもりあげてくれます。ミルキーでありながら、紅茶のキレ味が効いているミルクティーとの相性もバッチリです!

その他、オーギョーチ(愛玉子)グラスゼリー(シソ科の薬草、仙草を煮詰めて作ったゼリー)やアロエヴェラ入りのジュースなど、暑い中元気が出そうな、ヘルシーなメニューもいっぱい。ジュースも含めて、甘さ(「シュガーレベルは?」と聞かれます)も好みに合わせて5段階から選べるので、限りなく組み合わせがあります。ちなみに、日本人の感覚で少し甘さ控えめ、と感じるのが25%位。甘めが好きな方でも、50%位でちょうどいいと思います。

MRTセラングーン駅直結のショッピングセンター、NEXの他、オーチャード通りのラッキープラザや、ドビーゴート駅直結の Plaza Singapura 内等、便利な場所に店舗があります。身体の中から美味しくひんやりしたい時に、お勧めです!

<DATA>
■KOI Cafe(NEX店)
営業時間:10:00~22:00  無休 
住所:23 Serangoon Central NEX #B1-07, 556083
電話: +65 6634-8623
アクセス:MRTセラングーン駅直結
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。