地元の人に大人気!最上級のドリアンのみを使ったスイーツショップ

解説

ドリアンづくしのショーケース

多くのホテルで持ち込み禁止となっているほどの強烈な香りと、「果物の王様」と呼ばれ、多くのファンを魅了する味わいの両面を持つ果物、ドリアン。旅行中、町中で姿は見かけても、買うには勇気が要るもの。お土産物屋さんで「ドリアンフレーバー」のお菓子を買うのが精一杯、という方も多いのでは。せっかく南国フルーツの本場シンガポールに来たのですから、本物のドリアンを使ったデザートを楽しんでみては?

解説

ドリアン入りスイスロール等も

オーチャードロードの中心、高島屋の地下にある、Four Seasons Durian は、40年ほど前から青果店を営んでいたオーナーが、10年ほど前に一念発起、ドリアン専門スイーツ店としてオープンしたお店。ドリアンの中でも最高級ランクの、D24グレード以上のドリアンのみを使用し、人工的な香料を使っていないので、上質なドリアン、そのままの味わいを楽しめます。

 

解説

ドリアンパンケーキが一押し

人気は、スナックのような感覚で、その場で食べられるドリアンパンケーキ。D24のパンケーキ(1.8シンガポールドル)と、その更に上の、ドリアンの王様、猫山王(mao shan wang)のパンケーキ(2.8シンガポールドル)との2種類のラインナップです。目の前で焼き上げるスタイルも相まってか、いつも地元の人たちで大にぎわいです。

 

あなたもドリアン好きになるかも? 一番人気のパンケーキ

解説

焼きたての味が楽しめる

解説

こんな感じで渡されます

お店の周りは、ドリアンの独特の香りが漂っていて、目の前の鉄板で焼かれるドリアンパンケーキを見ているうちに、お腹が空いて来ました! 個性の強い味は年配の方向けかと思いきや、若い人にも人気。私の前に並んでいた20代のカップルは、持ち帰りの箱に8つ詰めてもらい、更に自分たち用に1つづつ注文していました。とりあえず、普通のD24のパンケーキを注文。熱々のパンケーキに、ひんやりとした濃厚なドリアンクリームが挟まっていて、温度の違いが更に美味しさを引き立てます。独特の舌にぴりっと来る刺激のある味わいは、クセになりそうです。

 

解説

ドリアンパフとドリアン餅

食べているうちに、ドリアンの香りが気にならなくなったので、続いてドリアンパフとドリアン餅(各4個入り、3.9シンガポールドル)も購入。冷凍ボックスから出してくれるので、持ち帰って20分ほど解凍して食べます。バラ売りはしていないので、一度に食べ切れない方は、少しづつ解凍して食べるのがお勧めです。独特の香りが気になる方は、解凍しすぎないと食べ易いです!

世界中のドリアン好きの人に知ってもらえる場所になること、を目指して作られたこちらのお店。あなたも、気づけばドリアン好きになっているかも!? この他にも、MRTセラングーン駅直結のNEXショッピングモール、クレメンティーモール、中心街からやや離れたアン・モ・キオにもお店があります。

<DATA>
■Four Seasons Durians(高島屋オーチャード店)
営業時間:10:00~21:30 
住所:391 Orchard Road, B207-3-2 Food Hall Singapore 238873
電話: +65 6484 1619
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。