オスタルジーブームの火付け役。「居間」という名のカフェ

wohn1

60~70年代の家具が置かれた一番奥の部屋はとても広々。お気に入りの席をみつけて自由に過ごして。

ベルリンには素敵なカフェがたくさん、それこそ星の数ほどありますが、そのなかからおすすめをあげるとしたら、まっさきに浮かぶのがここ「ヴォーンツィマー」です。

wohn2

バーカウンター風の一角も

ベルリンを語るうえで欠かせないキーワードに、オスト(東)とノスタルジーを組み合わせた「オスタルジー(東ドイツの郷愁、というような意味)」という言葉がありますが、ヴォーンツィマーは、このオスタルジーブームの先駆けともいえるカフェ。旧東ドイツを彷彿とさせるむき出しの壁に、旧東ドイツ製の家具や食器……知らないはずなのになぜか懐かしい気持ちになってしまう、不思議な空間。「居間」という店名が物語っているように、居心地の良さは抜群で、長居してしまうこと必至です。

 

昼寝もOKなまったりカフェ

wohn3

てんこ盛りの朝食もケーキも嬉しいお手頃価格。ポットやカップは旧東ドイツの鉄道で使われていたもの

wohn4

注文はカウンターで

注文は、入ってすぐのカウンターでセルフサービス。ここでは、パン、ケーキ、チーズ、ワイン、オイルなど、食材はできるだけビオのものを使用。にもかかわらず、今時このお値段?! とびっくりするような安さも嬉しいところ。ボリュームたっぷりのケーキ(日本のケーキの3倍はありそう)は2ユーロ、朝食セットは3ユーロ以下~というお手頃価格です。

 

wohn5

お天気のいい日はテラス席が人気

店内は思いのほか広々としていて、すわり心地の良いソファ席やバーカウンター風の一角、個室風の部屋などいろんなタイプがあるので、お気に入りの場所をみつけましょう。このカフェの魅力はなんといっても、そこはかとなく漂うゆるゆる感。ひとり物思いにふけるもよし、読書に没頭するもよし、ソファベッドで居眠りしたってOKです。居心地のいい「居間」で、思い思いの時間を自由にすごしてください。

夜になるとぐっと照明が落ちてまた違った雰囲気になるのですが、それもまたいい感じです。

こちらの記事も参考にどうぞ>>>ベルリンのカフェ

<DATA>
Wohnzimmer
住所:Lettestr. 6  10437 Berlin
TEL:030 – 4455458
営業時間:9:00~オープンエンド
アクセス:Eberswalder Str.駅から徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。