チョコレートのシミをつけてしまったら?

入浴や食事など、利用者の生活を支援する際に必要な知識を紹介してきましたが、ここで洗濯や繊維などの衣類についても押さえておきます。

しみ抜きについて、私も出先などであわてることがしばしばです。ジュース、血液などの水性のシミは水をつけてたたく、チョコレートなどの油性のシミはベンジンをつけてたたきます(※過去の筆記試験で出題された内容です)。

衣類の繊維には、天然繊維と化学繊維があります。天然繊維には、綿、麻といった植物繊維と絹、毛といった動物繊維があります。 

seikatu3

洗濯やアイロンがけをするときは繊維の種類に注意しましょう

化学繊維には、レーヨンキュプラといった再生繊維、アセテートプロミックスといった半合成繊維、ポリエステルナイロンアクリルポリウレタンといった合成繊維があります。ちなみに、化学繊維の衣類をアイロンがけするときには低温で行いましょう。

洗濯洗剤には、石けんなど植物性油脂を原料とするもの、合成洗剤など石油を原料とするものがあります。

漂白剤には、酸化型(塩素系、酸素系)と還元型があります。酸化型の塩素系は、漂白力が強いので色や柄物は避けます。また、毛や絹、ナイロン、アセテートなどには使用できません(※過去の筆記試験で出題された内容です)。還元型は、鉄分による黄変を回復させることができますが、色・柄物には適していません。

生活支援技術の項目では、家計費や応急処置など、ほかにも押さえておきたいポイントがあります。過去問や使い慣れた問題集で再確認しておきましょう。 

予習問題:介護過程の意義・目的は「介護者本位の介護を展開できることにある」。○か×か。

正解は次回の記事でお伝えします!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。