女性の胸の悩み解決の切り札、豊胸手術

ほとんどの女性がバストの事を気にしています

ほとんどの女性がバストの事を気にしています

月間来院数1000人以上の人気外来を担当する美容外科医が整形手術について解説します。今回は豊胸手術です。

女性であればほとんどの方が胸の大きさや形を気にしています。実際に手術を受ける方の年齢層はとても広いです。胸が小さくて悩んでいる学生さんや授乳後や加齢により胸が小さくなってしまった方、たるんでしまった方等その悩みも多岐にわたります。


自然に胸を大きくするには

乳房の構造

乳房の構造

人の胸は大きく分けて表面から脂肪・乳腺・筋肉・胸郭の形の4つで構成されています。

自然に胸を大きくするのであればこれらに対してアプローチすることが大切です。筋肉は、腕立て伏せなどの筋トレで大胸筋を大きくすることができます。脂肪は、体重を増やすことで脂肪層を厚くすることができます。
しかしこれらのバストUP効果は小さなものです。乳腺はホルモンの影響で大きくなるので、月経や妊娠で1、2カップの変動がある方も多いです。

このように乳腺はホルモンの影響を受けて短期間に肥大と縮小があるために、授乳後に乳腺が縮小すると胸元のボリュームが減ります。これを乳房下垂といい乳頭の位置が下にずれます。

人の皮膚は伸びにくく、また一度伸びてしまうと縮みにくい性質があります。顔のたるみの原因や乳房下垂の原因がこれによるものです。

皮膚の伸びにくい性質のため、若い女性のように比較的皮膚に張りのある人は一度で大きくできる胸のボリュームには限界があります。逆に授乳後の方のように一度皮膚が伸び、余裕のある方は胸のボリュームという面では出しやすいです。風船に置き換えて考えると分かりやすいです。一度パンパンに膨らませた風船の空気を抜くとゴムが伸びます。この状態が皮膚が伸びてしまった乳房下垂の状態です。