男性にとって威圧感を与えない雰囲気ながらも、随所にテクニックを入れている女子(=男慣れしている女子)の特徴5つ

・すぐに相手の名前を呼ぶ
苗字をあだ名に(~君も含む)or下の名前をあだ名に(~君も含む)or下の名前呼び捨て。名前を呼ばれると受け入れられている気持ちになる。基本中の基本。

・全部じゃないが、ときどきタメ口
「~~じゃないですか?」「~~なんですよ」など、基本は敬語スタイルだが、「そうなんだー!」「わかるー!」などときどきタメ口。最初からタメ口なのは、教養のない子に思われてしまうし、男性のプライドも傷つけかねないが、ときどき素がでてタメ口になるくらいが親近感が湧いてくる。

・相手の目を見て会話できる
相手が話す時も自分が話すときも目を見て話ができる。はずかしくて目をそらしているとしても、男性は「自分のこと嫌なのかな」と思ってしまう可能性が高い。しっかり目を合わせて話せば、男性は自分が受け入れられていると感じる。

・相手をよく褒める
「すごい」「かっこいい」「初めて聞いた」…特にこの3ワードを活用する。とにかく男性は褒められたい星人だから。相手をいい気分にさせられる女子は男慣れ度大。間違っても「それは違う」「それはおかしい」など相手を真っ向から否定するワードは言わない。

・自分から質問をたくさんできる
その後の話の盛り上がりは相手に任せるとして、話題振りができる。全てを男性にまかせるなんてナンセンス。男性が話しやすいこと、知識を披露できそうな話題(スポーツやマンガのことなど)を質問できる女子は重宝される。

特徴5つからわかることは、男性が話しやすい、心地よい環境をつくってあげることがキーだということ。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。