ベルリンで一番大きくて人気の蚤の市、マウアーパーク

mauer1

マウアーパークの蚤の市はとにかく広くて何でもあり。宝探し気分で楽しもう!

ベルリンの数ある蚤の市のなかでも、一番規模が大きく、一番人気なのが、かつてベルリンの壁があった跡地にある公園、マウアーパーク(壁公園)で開かれる蚤の市。ベルリーナー(ベルリン市民)だけでなく、欧米の旅行者の間でもベルリンの必見スポットとして知られ、ここ数年ますます人気を集めています。お天気のいい日には身動きできないほど混雑することもあるので、商品をじっくり見たければできるだけ早い時間に行きましょう。

膨大なガラクタのなかから宝物をみつけよう!

mauer2

テント風の広いスタンドもあり。この山のなかから掘り出し物が見つかるかは根気と運次第!

ここで売られている商品は、 古着に食器、家具、それからガラクタのようなものまで、とにかく何でもあり。 家庭の不用品とおぼしきものをてんこもりにしたダンボール箱を並べただけの、ゆる~いお店もたくさんあります。一見ガラクタに見える山のなかから欲しい物を探し出すのには根気がいりそうですが、のんびり眺めて歩くだけでも楽しいもの。思いがけないお宝が見つかるかもしれませんよ。

mauer4

ハンドメイドの可愛い雑貨も

中古品だけでなく、新品の商品を売るスタンドが多いのもこの蚤の市の特徴。アーティスト手作りのアクセサリーや、ぬいぐるみ、赤ちゃんグッズなど、可愛い雑貨もいっぱい。ベルリンっぽさ満点のオリジナルプリントのエコバッグやTシャツ、ワッペンなどお土産にぴったりな物も見つかります。

 

グルメやライブでベルリンの休日を満喫

mauer5

ストリートミュージシャンの演奏もマウアーパーク名物。のんびりベルリンの休日を楽しもう

mauer6

世界各国のフード屋台が充実

マウアーパークの蚤の市は、食べ物屋台やカフェスペースなど、買い物以外のお楽しみが充実しているのも魅力のひとつ。蚤の市のフードといえばソーセージが定番ですが、ここのグルメ屋台は、トルコ風ピザ屋さんからアジア料理、クレープに揚げたてポテトチップス、手作りケーキに絞りたてジュースなどなど、何を食べようか迷ってしまうほどバラエティ豊か。居心地いいカフェスペースも用意されているので、宝さがしに疲れたらひと休みすることもできます。

蚤の市の周りでは、広大な芝生で凧揚げをする子どもたちや、ピクニックを楽しむ人々の姿が。芝生の丘に寝転んで、ストリートミュージシャンのパフォーマンスを見ながらのんびりと日曜日を過ごせば、気分はすっかりベルリーナーです!

<DATA>
Flohmarkt am Mauerpark
住所:Bernauerstr.63-64, 13355 Berlin
営業時間:日曜 8:00~18:00くらい
アクセス:Bernauerstr.駅またはEberswalderstr.駅から蚤の市の正面入り口までは徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。