あなたの動画をもっとステキに「編集」しよう

スマホで手軽に動画を撮れるようになって、誰もがYouTubeデビューできるようになりました。

撮った動画をそのまま投稿するのもいいですが、撮影ボタンを押したときの手ぶれや雑音、間違ってレンズを手で塞いでしまった部分の映像などは、見る側からするとあまり面白くないもの。ちょっと「編集」するだけでぐっと見やすくなります。

「編集」なんてプロの仕事?いえいえ、そんなことは全くありません。とても簡単に動画を編集できるアプリが、iPhone、iPadには準備されています。

iMovieを使ってみよう

iMovieはiPhone、iPadでの動画編集の人気定番ソフト。新しい端末からなら無料でダウンロードもできるし、シンプルな操作であっという間に動画編集ができてしまいます。YouTubeへのアップロードにも対応。
iMovie

iPhone、iPadでの動画編集の定番。iMovieのスタート画面。

やっぱり難しそう?大丈夫。今回は基本的な操作だけを使って動画を編集する方法をご紹介しますので、安心してくださいね。

iMovieをダウンロードしよう

iPhoneの「App Store」アプリでiMovieを検索すればすぐに見つかります。通常のアプリと同じように、インストールをクリックすればあなたのiPhone、iPadにダウンロードが始まります。
AppStore

App StoreからiMovieをダウンロード

iMovieを起動しよう

インストールされたiMovieのアイコンをタップすれば、iMovieが起動します。

まず表示されるのは、あなたが撮影してカメラロールに保存されている動画のサムネイル(見本)。表示された動画をタップすれば、再生して見ることができます。
iMovieメディア一覧

カメラロールに保存された動画が一覧できます。


【iMovie起動~動画再生確認】