何を撮ればいいの?

YouTubeへの動画投稿を始めてみたい!と思った時に、まずは誰もが思うことですよね。

自分の好きなもの、興味があること、得意なもの。最初にあれこれ悩むことはもちろん大事ですが、一方で、まずは始めてみなければ何もわからないもの。

ところで、考え事をするにはお散歩がいいですね。だったら、考え事ついでのお散歩ついでに、ロケをしちゃってはいかがでしょう!

何しろ街は動画ネタの宝庫。いつも見かけるあの猫だって、立派な被写体になってくれるかもしれません。
散歩動画から始めよう

まずは散歩動画の撮影から始めてみましょう


ロケに出かける前に、これだけ注意!

さっそく出発!…とその前に、いくつか撮影にあたって押さえておきたいポイント、注意点をご紹介します。

1.動画は縦ではなく横向きで撮ること

ふだんYouTubeで見る動画は、だいたい横長ですよね?スマホで動画を撮る時、ついつい写真と同じ感覚でタテ向きに撮ってしまいがちですが、縦長の動画はYouTubeで見るにはちょっと残念な感じになってしまいます。ヨコ向きで撮影するように気をつけましょう。

2.マイクの穴を塞いでしまわないこと

スマホによって動画撮影用のマイクの位置は違います。お散歩ロケに出かける前に確認しておきましょう。

もし分からなければ、動画を撮影しながらマイク(だと思うところ)に息を吹きかけてみれば、再生した時にブツブツという大きな音が入るので分かります。

横向きに構えたときにマイクの穴を手で塞ぎやすいようなら、撮影のときは要注意ですね。

3.許可を取っていない人物はなるべく映さないこと

みなさんも自分の顔がハッキリ映った動画を勝手に公開されるのは気持ちが良くないと思います。あとで公開することが前提の動画では、できるだけ他人の顔が映らないように注意します。

といっても、通りすがりの人や人ごみではある程度はしかたがありません。YouTubeには一括で人の顔にモザイクをかけてくれる機能もあります。インタビューっぽくしたい時は、相手の方に許可をとるようにしましょう。

4.動画は撮りっぱなしにするのではなく、場面場面で細かく切ること

動画は写真と違って大きなファイルになります。あとで容量が足りなくならないように、不要な場面では一度録画をストップするのがよいでしょう。

また、場面ごとに動画を区切った方が後々の編集作業がやりやすくなります。

それではいよいよ、お散歩ロケに出発!