【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

恋愛の固執から吹っ切るために……

好きだった人を忘れるのは辛いことです。ですが、終わった恋愛を引きずっていては人生も楽しくならないもの。そのため、思い出を風化させる作業をしてみるのはどうでしょうか。

■思い出のものをタイムボックスに入れる
「捨てる」気持ちがあるならいいですが、そこまで思いが吹っ切れていない場合は箱を用意して、タイムボックスと名付けます。その中に思い出の品を入れてみてください。手紙やもらったアクセサリーなど、見ているとその当時の記憶がよみがえってしまうものを見ないように心がけます。心が落ち着いてから、思い出のものは処分すればOK。それだけで気分が楽になります。

■普段は行かないところに行く
できるだけ外界と接しないところに行くのもおすすめです。できれば、彼と行った事のないところで、自然があったり、寺院があったり、精神的に落ち着くところがいいかもしれません。

普段は行かないような写経のできるお寺、座禅が組めるお寺なんて、特におすすめです。普段は行かないところを選ぶのがポイントで、静かな時間を過ごすことができるので心も安定してきます。お寺だけでなく大学の講義や講演会などを受講して「なるほど」と思うのもおすすめです。

■高額商品を買う
それまで購入できなかった高額商品を買っちゃいましょう。毎週のようにデートをしていると、外食代やデート代もかかるもの。それがなくなったから「これを買えるようになった!」と発想の転換をすることがポイントです。

つきあっていた時は、デート代もかかりプレゼント代もかかったけれど、恋愛が終わったから自分の自由なようにちょっとお高いこの商品だって買える!そう思うと、別れたこともプラスに変わる気がします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。