エクソンモービルやコカ・コーラの共通点とは!?

このほかにもバークシャーの投資先を挙げると……?

アメリカン・エキスプレス
IBM
ジョンソン・アンド・ジョンソン
P&G
ウォールマート
ワシントンポスト

などなど、世界的に有名な企業で、なおかつ、消費者に身近な企業が多いことに気付きます。バフェットは株式投資で数兆円の資産を築きましたが、決して奇をてらった、珍しい銘柄で資産を形成してきたのではなく、身近で有名な銘柄に投資してきたことがわかります。

これらの企業の決算書における共通点とはいったい何でしょうか?

【図3undefinedエクソンモービルの売上、営業利益の推移】

        【図3 エクソンモービルの売上、営業利益の推移】


【図4undefinedコカ・コーラの売上、営業利益の推移】

          【図4 コカ・コーラの売上、営業利益の推移】


それは消費者にとって身近であるがゆえに、世界経済の発展、人口増加を捉えて、ますます売上や利益を増加させているということです。しかも、収益性が高く、ROEも高い水準で維持されているということです。

これだけ大きな企業なのだから、もう成長の限界が来ていると先入観をもってしまいそうですが、実はまだまだ成長の可能性が秘められているのだと思います。

日本にも対抗する企業はあるはずです。

アメリカン・エキスプレスには、JCB。
IBMには、富士通。
ジョンソン・アンド・ジョンソンやP&Gには、花王。
ウォールマートには、イオン。

日本企業が世界のマーケットで活躍し、いつの日かバークシャーの投資先になってくれることを期待しましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。