トリノ王立歌劇場、公演直前リハーサルレポート!

トリノ王立歌劇場がいよいよ来日(11月29日~12月8日。詳細はページ下。関連記事「歌手が豪華!トリノ王立歌劇場来日 市原愛に魅力訊く」)! プッチーニ作曲のオペラ『トスカ』のリハーサルを見させていただきましたが、いやはや、すごいものでした(写真はすべて三浦興一さんによる撮影)。
トリノ演出

映像やスクリーン自体を効果的に使い、シンプルながらモダンで美しい演出

まずジャナンドレア・ノセダが指揮をする、オーケストラの表現力に驚かされました。とても柔らかで心奪われるような美しい音から、腹の底まで響くような激情の音まで、ニュアンス豊かに色彩を見事に変えていっていました。
教会

第1幕の舞台は教会。画家カヴァラドッシが絵を描いていると、友人の政治犯アンジェロッティが脱獄してやってきて彼をかくまうことになり…

そこに、真に迫る稀代のプッチーニ歌いパトリシア・ラセットのトスカ(ノルマ・ファンティーニとのダブル・キャスト)、安定したベテランのマルセロ・アルバレスのカヴァラドッシ、旬という感じで声量も見事なラド・アタネリのスカルピアといった豪華な歌手陣が全力で歌うのです。
トスカ

警視総監スカルピアは、かくまっているカヴァラドッシへの拷問をやめる条件として、彼の恋人のトスカに体を求める…

そして何より一番すごいと思ったのが、その全員が実に一体となって、劇的なドラマ、大きなドラマを生み出していること。
ラセット

パトリシア・ラセットと、マルセロ・アルバレスによる熱唱。ラセットは同月11月にNYのメトロポリタン歌劇場でも同役を歌っており、正に世界トップの歌手を日本で聴くチャンス

演出も読み替えなどはなくオリジナルの物語のままですが、映像を時々組み入れ、これがまた効果的で新古典といったシンプルでありながらモダンな印象。

総じて、正に「これぞオペラ!」という感じでした。
カヴァラドッシ

カヴァラドッシは銃殺されることになってしまうが…。音楽と歌が渾然となって筋を知っていても手に汗にぎる展開

最後に今回のスケジュールを。
プッチーニの『トスカ』は、11月29日(金)、12月2日(月)、5日(木)、8日(日)、東京文化会館(上野)で。
ヴェルディの『仮面舞踏会』は、12月1日(日)、4日(水)、7日(土)、東京文化会館(上野)で。
ヴェルディの『レクイエム』は、11月30日(土) 14:00~、サントリーホール(溜池山王)で。
詳細はこちら!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。