シュー菓子界最高の一品“サントノーレ キャラメル”

undefined

 

「モンサンクレール」と並ぶ、自由が丘の超人気パティスリーです。ショーケースに並ぶケークは、どれも落ち着きのある大人のルックス。ショコラを使ったアイテムが多く揃っており、その巧みな味の構築に酔わされてしまうこと然り。イートイン席も、常にたくさんのお客で賑わっています。

数ある商品の中で最もおすすめしたい一品は、パイ生地と飴がけのプティ・シュー、キャラメルクリームなどを組み合わせた“サントノーレ キャラメル”。金子シェフ渾身のスペシャリテであると同時に、私の中ではシュー菓子界最高の一品だと断言できます。

一番の魅力は、キャラメルクリーム、飴状のキャラメル、ヘーゼルナッツが出逢うことで生まれる香ばしさの三重奏。深い旨みを秘めたパイ生地や、しっかりとしたコクを持つクレーム・パティシエールが味の土台となり、その上でこれらの微妙に異なる香ばしさが幾重にも重なり合います。それによって奥深いテイストが生み出されているのです。しかも、たったひとくちで食べ手の心をぐっと掴むほどのインパクトを備えていながら、後口は驚くほど軽快。この持続性のある心地よい香りと、キャラメルのシャープ感によって演出される、大人の余韻が実にたまりません。他の追随を許さぬ圧倒的風格と、フランス菓子の神髄を実感できる、至福の一品だと言えるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。