以前からコンクリート打放しの家に憧れを抱いていたOさん。目白台の一画に13坪弱の土地を見つけ、以前からこの人と決めていたスタジオ4設計の細谷功さんに自宅の設計を依頼しました。間口が広く奥行きの浅い角地に建った「理想の家」を拝見しましょう。

家族を守るストイックなコンクリートの壁


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 通りに面した東側の外観。
2. 東南側から見た外観。
3. 路地に面した南側を見る。1階の角にある小さな開口は、地下の換気用。
4. 玄関は鉄製の引戸。


歩いて5分くらいの処に、椿山荘や丹下健三の東京カテドラルマリア大聖堂や大手出版社のある目白台の庶民的な住宅街。最寄りの地下鉄の駅からゆっくり坂を上って5分の住宅密集地に突然現れるコンクリートの家。道路に接する西側が斜めにカットされ、路地に沿って折れ曲がった高さ7mの壁が、奥に8m近く伸びています。向かいのアパートと向き合うこの壁は南面ですが、あえて2階の真ん中に幅1.5m、高さ1.9mの窓をひとつだけ設けています。これは家族のプライバシーを優先しての設計です。


◆建築データと建築家プロフィール

undefined