持ち運べるプリンター「Pocket photo(ポケットフォト)」

スマホの普及に伴い、写真はスマホのカメラで撮るという人が増えています。特にiPhoneのカメラは性能が高いため、日常のシーンから特別な日まで大活躍していることでしょう。その写真をもっと楽しむために、今回はスマホの画像を印刷できるプリンターをお借りして、使い方や魅力を探ってみることにしました。

LGエレクトロニクスの「Pocket photo(ポケットフォト)」は、スマホの画像を簡単に印刷できるモバイルプリンターです。

本体の重さは212gと非常に軽く、250mlの小さなペットボトル飲料とほぼ同じ程度です。サイズは幅72.4mm×奥行き120.9mm×高さ24mmで、iPhoneより少し幅があり、厚さは3台重ねた程度です。
ハートを全面にあしらったキュートなデザインからもわかるように女性を意識した作りになっており、小さなバッグにも収まりやすいコンパクトな本体になっています。色は画像の「ホワイト&シルバー」のほか、「ホワイト&ピンク」があります。
pocketphoto1

小さくて軽い「ポケットフォト」は、持ち運びが苦にならない

ポケットフォトはスマホとワイヤレス(Bluetooth)で接続するため、接続ケーブルは必要ありません。バッテリーは充電式で、USBケーブルとACアダプターで充電します。1.5時間でフル充電になり、最大25枚の印刷ができます。
印刷には「ZINKフォトペーパー」という専用の用紙を利用します。インクがいらない感熱式ペーパーで、幅50mm×高さ76mmと名刺よりも少し小さいサイズです。本体に1パック(10枚入り)が付いています。

印刷するには、専用のアプリをスマホにインストールして使います。AndroidとiPhoneに対応しており、無料です。

次は、アプリを使って加工する方法を紹介します。