インスタントカメラの楽しさをスマホでも

ポケットフォトを使えば、友人と撮影した写真をみんなで加工してその場で配ったり、QRコードに電話番号を入れて名刺として渡すこともできます。また、スマホで調べたことをメモ代わりに渡すのもよいでしょう。小さなカードの活用法は、使っていくうちにどんどん浮かんできそうです。
pocketpohoto8

フレームやコラージュ、QRコードなど、さまざまな加工入りのプリントができる


持ち運びも手軽なのですが、難点はバッテリーかもしれません。「フル充電で最大25枚プリント」できるのですが、アプリで加工 ‐ Bluetooth接続 ‐ 印刷、という流れを繰り返すと、10枚ほどで電池が消耗します。少し荷物になりますが、充電ケーブルも一緒に持ち歩いた方がよいでしょう。

ポケットフォトは撮影した写真をその場ですぐにプリントできるので、インスタントカメラ「チェキ」や「ポラロイド」のような楽しさがあります。写真やデコレーション加工が好きな方におすすめの製品です。

 




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。