疲れちゃったと手を握るタイミングを掴む

デートの半ばで、足が疲れちゃったと足を気にするようなふりをします。色々なお店を見てまわり、道路の横断歩道まで来て赤信号で待っていて渡る時に「足が痛いなあ」と心配した顔をして足を気にしながら言います。

すると、相手が早く横断歩道を渡らなければならないと思って、手を握ってくれるようになります。手を握る時には、ちょっと肩を上げておどけて見せながら囁くように「ありがとっ」と言ってキュッと手を握るようにします。


ベンチから立つ時に手を握るタイミングを掴む

公園や街中にある座れる部分で会話をして、会話も終わって立ち上がろうとする時に「疲れちゃったあ」と言いながら手を伸ばして出して甘えた感じで言います。
相手が手を出してきたら、笑顔を見せながらパッと手を掴んで嬉しそうに立ち上がるのがポイントです。


階段の終わりの瞬間に手を握る

地下鉄や広場などにある階段が終わる瞬間に、「ねえ」と可愛らしく声をかけて相手が振り返った瞬間に手を出して握ってもらうようにします。少し子供っぽい上目使いな表情をしながら、手をひっぱってほしいなと頼むように手を出すのがポイントです。

手の握り方は、相手の指に指を絡ませるようにして握るのがコツで、握ったら手を前後に少し大きく振って相手の顔を嬉しそうに見つめると良い印象を与える事ができます。この方法は、駅の改札口から出る時や、デパートなどのお店から出る時にも使えます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。