気になる女性から「いい人だよね」と言われたら、あなたはどう思いますか? 最初はともかく、そのままずっと恋愛対象にならないとしたら悲しいですよね。どうすれば、異性として意識される存在になれるのか。女性たちの声を踏まえて、男性が、ただのいい人を卒業するための方法を3つのステップにわけてご紹介します。

最初に「いい人」の定義から。女性がこの言葉を使う時は、大別して以下の3つが考えられます。

(1)本当にそう思っている
(2)人間性まで否定するほどは悪い人ではないという消極的な意味で使っている
(3)無難に会話をまとめるために使っているだけ

今回は、1の「本当にいい人だと思っている」場合に限定して、話を進めていきたいと思います。

ステップ1 いい人ブランドの強化

飛び跳ねる男性

唐突な行動は女性を驚かせるだけです


最初のステップは、「いい人」のレベルを高めることです。ただのいい人を卒業するために頑張るのに、そこを強化して大丈夫なのかと不安になるかもしれませんが、平和で優しいイメージは現在のあなたの魅力の基礎となる部分です。まずは、そこを揺るぎないものにします。

異性として意識させたいからといって、このイメージにあわない行動をすると、女性に違和感を与え基本の信頼関係まで崩れてしまう恐れがあります。「いい人イコール恋愛対象外と決めつけているわけではないけど、変な行動をされたら一気にナシに仕分ける」という意見もあるので、まずは落ち着いて、誠実さと優しさを感じさせる言動を心がけましょう。約束を守る、相手を思いやるなど、ここでは基本的なことがきちんとできればOKです。

これらの要素は恋愛においても重視されるので、気になる女性との今後の関係でも必ず活きてきます。「人として最低だけど男性として好き」という状況はあまり多くないもの。女性はやはり、ある程度優しくされたい、尊敬できる人と一緒にいたいと思うものだからです。信頼と安心のいい人ブランドの構築。これが異性として意識されるゾーンに入るための最初の一歩です。