コンパクトメルセデスのアイコン

M・ベンツA45AMG

Aクラス初のAMGモデルとなる、「世界一パワフルな量産4気筒エンジン」を積むハッチバック。ボディサイズは全長4355mm×全幅1780mm×全高1420mm、ホイールベースは2700mm。価格は640万円

3世代目となって、大変身を遂げたAクラス。従来の特徴的な背高モノフォルムスタイルを捨てて、VWゴルフやBMW1シリーズ、アウディA3といった欧州Cセグメントに属するFFハッチバックカーとして再出発を果たしたのだ。

スポーティな5ドアハッチバックスタイルを手に入れた新型Aクラスは、今のところ世界中で大好評を博している。

テーマは、若年層の拡大。日本のような成熟市場におけるメルセデスブランドの若返りのみならず、新興マーケットにおけるブランドロイヤリティの橋頭堡となる。それがAクラスに託された役目、というわけだが、それゆえ、その発表前からシンボリックなモデルの追加に関して、メルセデス首脳陣もその存在を否定することはなかった。

コンパクトメルセデスのアイコンが、このA45AMG4マチックだ。AMG初となるFFベースAWDの量産コンパクトモデルである。
M・ベンツA45AMG

最高出力360ps/最大トルク450Nmを発生する、新開発の直噴2リッター直4ターボを搭載。リッターあたり181psとなり、0-100km/h加速は4.6秒

AMGモデルといえば、なにはともあれパワートレインだ。車名の45=4.5リッター、という時代ではもはやない。ダウンサイジング時代にふさわしく、M133型直噴2リッター直4ターボエンジンを積む。しかし、そのエンジンスペックは、最高出力365ps/最大トルク450Nmだから、なるほど、ひと昔前のマルチシリンダー 4.5リッター自然吸気級のパフォーマンスである。

4気筒エンジンが発するとはにわかに信じがたいハイパワーを受け止めるべく、A45AMGには、専用セッティングの7速DCTと電子制御4WDシステムが与えられた。従来のメルセデス4マチックとは異なるシステムであるため、晴れて右ハンドルの導入が実現。このあたりもまた、新しいメルセデスイメージだろう。
M・ベンツA45AMG

前後トルク配分を無段階可変式で、後輪に最大50%まで配分する4WDシステムのAMG 4MATICを標準装備。スポーツハンドリングモードを備えたAMG専用の3ステージESPも備える

見た目の第一印象は、ひと足先にマーケットデビューを果たしているA250シュポルトと、さほど変わらない。むしろ、ダイヤモンドカットグリルや赤いアクセントを多用したA250シュポルトの方が、派手な出で立ちでよく目立つ。A45AMGの底力をエクステリアから読み取るためには、ブレーキサイズやエンドパイプ、リップスポイラー、そしてエンブレム、といったディテールにまで目を凝らす必要があった。
M・ベンツA45AMG

レッドステッチをあしらったヘッドレスト一体型スポーツシートを備えるインテリア。パッケージオプションのアドバンストパッケージ(写真)には本革のパフォーマンスシートやエンブレム付きE-SELECTレバーなどが用意される

インテリアも同様だ。確かに、オプションの選び方次第では、他のAMGモデルに近い印象にもっていくことも可能だ。しかし、素の状態の雰囲気では、もともとスポーティなノーマルと同じ路線である。よく腰まわりになじむスポーツシートに腰を落ち着けて、握り具合のいいハンドルに手を添え、メーターパネルをじっくりと眺めて初めて、このクルマが真にAMGモデルであることを理解した。なぜなら、そこにフルスケール320km/hメーターがあったからだ。

残念ながら、あっという間に売り切れてしまったけれども、ジャパンローンチ特別限定車のエディション1ならば、ド派手なエアロパーツとストライプで、A250シュポルトの存在感など木っ端みじんに打ち砕くものだった。
M・ベンツA45AMG4マチック エディション1

A45AMGの日本発売を記念した600台の限定モデル、エディション1。エアロパーツや専用デカールなどでよりアグレッシブなスタイルに。価格は710万円