むしろAクラスより“ベンツらしい”走り

メルセデス・ベンツBクラス

2006年に登場した、基本プラットフォームをAクラスと共有するFFの5ドアハッチバック。サンドイッチコンセプトと呼ばれる2重構造のフロアも同様に採用された。2008年の改良で2リッターターボエンジン搭載モデルを廃止、1.7リッターのB180(299万円)と2リッターのB200(370万円)をラインナップする。ちなみに当初はB170だったグレード名が2009年に現在のB180に変更されている


メルセデス・ベンツBクラス

ボディサイズは全長4275×全幅1780×全高1605mm、ホールベース2780mm。Aクラスより全長390mm×全幅15mm×全高10mm大きい

Aクラスをベースにしながら、ホイールベース(車軸間距離)を延ばして、ファミリーユースにも使えるよう室内スペースを広くしたコンパクトカーがBクラス、だと考えればいい。当然ながら、Aクラスよりもオールマイティなので、日本での人気は上。

サイズ的には、Aクラスよりも一つ上、ゴルフクラスに入る。けれどもAクラスとコンセプトを共有することからも分かるとおり、ミニバン的な着座位置の高さが扱いやすさを生み、長いホイールベースが中型サルーン並の乗員空間を提供してくれるから、Aクラス同様、並のハッチバックカーとは全く違う存在だ。Eクラスをフル活用するようなファミリーの愛車として、Bクラスを代用することもできるのだから。

メルセデス・ベンツBクラス

上級グレードのB200にはオプションでパノラミックラメラールーフ(17.325万円)や本革シート(26.25万円)も用意される。ラゲッジ容量は506~1607リッターを確保

Aクラスよりも、もっと落ち着いた印象で走る。ホイールベースが長いこともあって、乗り心地もマイルド。きびきびとした動きの本質は損なわれていないけれども、Aクラスほどには活発に走らせて楽しいクルマじゃない。そういう意味では、FF車でありながらむしろベンツらしいのはコチラ、ということになる。使い勝手の良さそのものは、Aクラスと遜色ないから、上質な普段着のファミリーカーが欲しいという向きにはAクラスよりBクラスを奨めたい。

 

メルセデス・ベンツBクラス

B180は最高出力116ps/最大トルク155Nmを発生する1.7リッター直4エンジンを、B200は最高出力136ps/最大トルク185Nmの2リッター直4エンジンを搭載。どちらもCVTが組み合わせられる

見た目にも、Aクラスにはスペシャリティなテイストを感じるが、Bクラスは実直である。真面目だ。遊びに使うならAクラス、ものすごい美人が降りてきそうなのもAクラス。Bクラスにはもう少し生活感がある。スマートに質のいいものを着こなした3人家族が仲良く手をつないで乗り込むイメージである。


 
【メルセデス・ベンツ関連記事】
高級かつ高機能、進化し続けるメルセデス・ベンツ
全てにおいて必要十分、他とは一線を画すAクラス
上質な普段着のファミリーカー、真面目なBクラス
“ベンツの考え方”が詰まった人気モデル、Cクラス
全てが満足、グローバルスタンダードのEクラス
“4ドアクーペ”を確立させた、色気あるCLSクラス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。