【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
「隙がない女性はモテない」。よく言われることですが、どうすれば隙がつくれるのかは女性にとって悩ましい問題のひとつ。特に、普段からしっかりしている女性の場合、「こうすれば良い」というポイントはわかっていても、モテる服装や髪形、話し方をそのまま実践するのは抵抗があるということも多いものです。

そんな人におすすめなのが、恋愛圏内の男性の前でだけ小さな隙をつくること。相手と状況を限定することで、自分らしさを失わずに柔らかい雰囲気を演出することができます。今回は、自然な隙をつくる工夫をしている大人の女性たちの意見を参考に、恋につながる抜け感をつくる方法についてご紹介します。

自分だけの「ON / OFFスイッチ」をつくる

スイッチ

ON / OFFスイッチでモードを切り替え

隙がない人って、いつもテンションが同じなのかも。仕事もプライベートも無駄がなくて、すべての予定が効率的に管理されている感じです。そういう緊張感って周囲の男性にも伝わってしまいますよね。パソコンの電源を落としたら仕事モードもオフにするなど、日頃から意識してメリハリをつけた方が良いと思います」。

そう語るのは、30代のフリーランスの女性。現在進行中のお付き合いは、彼がオフモードの彼女に魅力を感じたことから始まったそうです。「気になる人だったので、仕事おわりにご飯に行った時に、意識してオフのゆるやかな感じで接したら、好きになってくれました」と語る彼女。スイッチを意識するようになったことで、気持ちもだいぶ楽になったと言います。

生活リズムに緩急をつけたり心に余白をつくったりすることは、モテだけではなく、日々、心を整えるのにも役立ちそうです。「しっかりしてるよね」と言われて否定する女性も多いですが、実は女性らしい柔らかさを持っていたとしても、気付いてもらえなければ「なかったこと」になってしまいます。日頃からモードを切り替える練習をして、気になる男性の前では魅力をしっかり発揮したいですね。