Windows 8.1は8とどう変わったのか?

先日、Windows 8の改良版であるWindows 8.1がリリースされました。このWindows8.1はスタートボタンの復活が大きな話題になっていますが、実際のところはスタート画面との切り替え、つまりWindowsキーと同じ機能が画面上に出てきただけのものでした。そのためWindows 7以前への回帰を願うユーザーからは不評の声も聞かれています。

復活したスタートボタン

復活したスタートボタンは賛否両論の対象になっている。

このトピック以外は大幅な変更と進化を行ったWindows 8から比べると地味な小改良を行っただけに見えますが、実はその小改良こそがWindows 7から進められているネットサービスとの融合を推し進め、さらにデスクトップ画面が使いやすくなるものだということにはあまり触れられていないように思います。

そこでここでは以下の3つのトピックにまとめて、このWindows 8.1の変更点を紹介します。

  • スタート画面の改良
  • インターネットサービスとの融合の強化
  • デスクトップの位置づけの格上げ

タッチパネル画面を持たないパソコンにより優しくなったWindows8.1は、Windows 7以前のユーザーからより乗り換えやすいOSに仕上がっていますよ。