婚活疲れ

婚活疲れを解消して新しい恋を始めるために

先の見えない不安やプレッシャーを感じたら…

婚活を成功させるということは、たった一人の人に「真剣に長く付き合いたい」と思ってもらえばいいので、モテるための特別なテクニックや必死な自分磨きは必要ありません。

でも、婚活を始めて良い結果が出ないと不安やプレッシャーを感じてしまいます。実際、真面目だったり、完璧主義だったり、頑張りすぎてしまう人は婚活疲労症候群になりやすいといいます。

婚活そのものに疲れて出会いを楽しめなくなってしまったら、恋の始まりにも気づけなくなってしまうでしょう。そんな悪循環から抜け出すためにも婚活疲れを解消して、新しい恋を始める方法をご紹介していきたいと思います。

(1)疲れや強いストレスを感じたら諦めるのではなく、期間を決めて休む

真面目で完璧主義な人はとくに、なかなか結果が出せない状況が続くと「ダメなら、もういい!」と諦めてしまう傾向があります。仕事や日常生活にもストレスは付きもの。婚活中にも気分転換は必要です。

(2)婚活用メイクや服選びに迷ったら、信頼できる人のアドバイスに耳をかたむける

人の振り見て我が振り直せ……ということで、婚活中に素敵な人と出会ったら見習ったり、「気をつけよう」と反面教師にするのもアリ。また、信頼出来る同性の友人だけでなく、異性の意見も取り入れて、新しい魅力を引き出して好印象をめざします。

(3)知人・友人からの紹介話には(面倒な顔をせずに)乗ってみる

結婚につながる出会いNo.1は「知人・友人からの紹介」です。結婚相談所、お見合いパーティーなどを利用していても、縁はどんどんつないでいきましょう。

(4)面白そうな趣味、集まりに参加して新規開拓

新しい趣味や出会いの場に顔を出すことでリフレッシュして楽しみが増える利点も。「好きなこと」「興味があること」など共通点がある人だと最初から会話も弾みそうです。

(5)職場での出会いもアリ、と考える

婚活をしている人の多くが最初から「職場での出会いがない」と職場恋愛を否定しています。でも、本当にそうでしょうか? 同じ部署、会社でなくても、仕事や通勤をきっかけにした出会いも職場恋愛に含まれます。「こんな出会いはナシ」という決めつけは捨てましょう。

残りの5つのポイントは次のページへ!