個性いろいろ!コンビニのクリスマスケーキ

一昔前は、コンビニのクリスマスケーキはそこまで種類も豊富ではなく、各コンビニで売っているケーキの内容もそこまで違いがありませんでした。しかし近年、人々の生活においてコンビニの果たす役割が多様化し、さらにコンビニスイーツの人気もクリスマスケーキ需要を後押しし、各コンビニで個性を打ち出したクリスマスケーキを販売するようになってきました。

人気パティスリーとのコラボ商品や、北海道産生クリームなど素材にこだわったワンランク上の商品、そしてPBのコンビニスイーツで人気のものをクリスマス仕様にサイズアップした商品など、豊富なバリエーションに思わず目移りしてしまうほどです。

さらに、今年のクリスマスイブは平日と言うこともあり、百貨店もパティスリーも大混雑のこの時期、仕事帰りに自宅のそばのコンビニでおいしいクリスマスケーキを購入したいという人が増えそうな予感!では、各コンビニのラインアップを順番にご紹介しましょう。


スターシェフ3人が夢の共演!スリーエフ

スーパーシェフ3人

スーパーシェフ3人の豪華な顔ぶれ


スイーツファンにとってクリスマスケーキの楽しみの一つに、普段は食べられないような人気パティシエが監修した限定バージョンのクリスマスケーキがあります。コンビニでもそうしたケーキを販売することは多く、とりわけ今年注目を集めそうなのが、スリーエフのクリスマスケーキです。

株式会社スリーエフ、株式会社エフエム東京、そしてパティシエの辻口博啓氏が代表を務めるスーパースイーツにより、TOKYO FMにて毎週金曜日に放送している番組『天野企画』の番組パーソナリティであるキャイ~ンの天野ひろゆき氏と、日本を代表するスーパーパティシエの辻口博啓氏、鎧塚俊彦氏、柿沢安耶氏との共同監修によるクリスマスケーキ「スーパーコラボスイーツ2013」を発売。10月1日(火)より予約を開始しています。

こうした有名パティシエとのコラボ商品はクリスマスケーキ市場では珍しくありませんが、日本を代表するスターパティシエ3名の共演が実現しているのは、今年のスリーエフの大きな強みとなりそうです。

トップ・オブ・モンブラン

素材にこだわった、クリスマスならではのスペシャルな「トップ・オブ・モンブラン」(5400円)。


辻口博啓シェフが手がけた自信作は、「トップ・オブ・モンブラン」(5400円)。マロンクリームには栗の濃厚な旨味と風味が特徴の四国産の和栗のペーストをふんだんに使用し、トッピングやカスタードクリームにも和栗を散りばめた、とことん栗の風味を味わえるモンブランケーキです。さらにスポンジには高知県産の希少卵「土佐ジロー」をブレンドした卵を使い濃厚な味わいを演出しています。

プレミアムフォンテーヌ

誰からも愛される王道のショートケーキをアレンジした「プレミアムフォンテーヌ」(5400円)。


一方、独創的なデザートが人気の鎧塚俊彦氏のケーキは、「プレミアムフォンテーヌ」(5400円)。北海道・道東産の生乳を主原料とした生クリームと、「土佐ジロー」をブレンドした卵、やわらかな甘みのビート糖を使い、「後粉法」で仕上げた口溶けのよいスポンジを合わせた極上のショートケーキ。トッピングには、「とちおとめ」と天野ひろゆき氏の故郷・愛知県名産の「蒲郡みかん」を手剥きして使用。スポンジにも温州みかんのシロップを染み込ませ、風味豊かな味わいに仕立てています。

ベジ&フルーツタルト

多品目のフルーツとトマトの彩りが鮮やかな「ベジ&フルーツタルト」(4800円)。


また、野菜スイーツを得意とする柿沢安耶シェフのケーキは、「ベジ&フルーツタルト」(4800円)。濃厚な味わいのえびすかぼちゃのペーストを使ったカスタードをベースに、たっぷりのフルーツと高糖度の茨城県産フルーツトマトをトッピング。野菜をアクセントにしたオリジナリティ溢れるタルトに仕上がりました。

クリスマスチーズノエル

白とピンクの見た目も可愛らしい「クリスマスチーズノエル」(2600円)。


この他、スリーエフでは、毎年定番人気の「スノー・フレーズ」(1800円~)に加え、オリジナルスイーツの「F STYLE」をベースにしたクリスマスケーキを発売。「濃厚ダブルチーズケーキ」(3200円)、「4層仕立ての濃厚ショコラ」(2500円)、「クリスマスチーズノエル」(2600円)など個性豊かな15品が揃います。

>>次ページは、ファミリーマートのクリスマスケーキを紹介!