音楽には心を動かす力がある

音楽の新たな効果が明らかに!

音楽の新たな効果が明らかに!

音楽の魅力というとどんなことを思いつきますか? 純粋に、「あるアーティストが好きだから」という方もいらっしゃると思います。そのほかに、「聞くと癒される」「聞くと元気になれる」「心が研ぎ澄まされる」「感動できる」など、心にもたらす効果を実感したことがある方も多いのではないでしょうか。

そうです。音楽は心に響くのです。この効果は私達大人だけではありません。子ども達にもしっかりと届きます。それも、予想を超えるほどの心の奥まで。この記事では、子どもの心を驚くほど伸ばす音楽の力を見出したイギリスの大学の研究結果(*)をご紹介します。

 

イギリスの研究:音楽ありのケース、音楽なしのケースの比較

この実験には、4歳の子ども達(男児24人、女児24人)が参加。子ども達を、ランダムに次の2グループに分けました。
  • グループ1:音楽ありグループ
  • グループ2:音楽なしグループ
実験の間、グループ1の子ども達には、歌を歌う、そして、カエルの形の楽器(次ページ参照)を奏でるという音楽活動に取り組んでもらいました。そして、グループ2の子ども達には、音楽の代わりに、物語を聞くという時間を過ごしてもらいました。

その後、子ども達全員を集めて、次の2種類のゲームを行いました。
  • 「協調ゲーム」(子ども達の協調性を測るのが目的のゲーム)
  • 「お助けゲーム」(子ども達の向社会性を測るのが目的のゲーム)
この2つのゲームによって、子ども達それぞれの「向社会性」「協調性」「問題解決力」を測りました。その結果、音楽ありグループと音楽なしグループの間で、驚くほどの違いが出たのです。

>>次ページでその結果を見ていきましょう。

出典:British Psychological Society (2013) 「Making music may improve young children's behavior」より