勝ち気そうな女性

ライバルの女性と勝負したいのか、男性と勝負したいのか……?

自分磨きをすれば、いい恋がやってくる。

確かにそうですよね。何の努力もしないで「モテない」と嘆く人よりも素敵!……な、はずなのに、磨いても磨いても、魅力や恋とはつながらないという人もいます。

今回は、そんな磨き方を間違えているかもしれない人の3つのパターンについて、お話しします。


【1】すごい資格で武装し過ぎている

自分磨き、みなさんは具体的にどんなことをしていますか? お肌の手入れ? スポーツクラブでヨガ? ゴルフ、ダンス、陶芸、お茶、フラワー、語学、料理、スイーツ、ワインなどの習い事? 

自分を磨く方法はいろいろありますが、あるアラサー男子たちが「なんかちょっと引いてしまう」と話していたのは、「女を捨ててひとりで生きる」という決意を感じるような資格を取得しようとする女性のこと。

例えば、宅地建物取引主任者や、社会保険労務士、中小企業診断士などの男性に人気の資格。もちろん今の職業に役立つとか、その仕事に転職したいという理由であればいいのです。でも、もはや「磨く」ことが目的になっていたり、男性と張り合うような資格を取得しようとしたりしている女性を見ていると、身につけるというよりも「武装」に感じてしまうようです。